世間を騒がせていることに対して思ったことをツイートしたものをご紹介します。

日本の現状について考えさせられる、鋭い意見が多く掲載されているのでぜひご覧ください。

まずは、博多前の道路沈没事故です。

「道路沈没しそうな状態のときに、地下鉄工事の作業員がすぐに警察に通報。

その後すぐ沈没したけれど、死亡者は0。

問題があるときにどう動くかが大事。」

納得しますね。

大事なことは、起きた事態に対してどう動くのかということです。

続いては、ポケモンGOの規制についてです。

「運転中はポケモンGOを使えないようにしてくれと言う人がいる。

それは野球洋品店にバットで人を殴れないようにしてくれ、

というのと同じで悪いのは使い方を間違うユーザーである。」

確かにそうですね。

次に人生の選択肢です。

「受験に失敗して首つり自殺の話を聞くたびに、人生に選択肢があることを子供に教え続けた。

どれを選んでも尊重するよという姿勢が大事なのではないだろうか。」

本当に相手を思いやるというのが今の日本には少ない気がします。

今度は、緊急地震速報についての話です。

「地震速報の音は精神的にキツいものがある。

法螺貝のような音に変えてはどうだろうか。」

緊急地震速報の音は、確かに何か恐怖心を煽るような音のように思えなくもないですね。

続いては、ブラック企業についてです。

「パワハラでをされて、無職になった友人を自宅に住まわせてた。

彼が転職後に超大成功してるのを見て、

人間は環境次第だと思った。」

環境次第でみんな変わっていくのですね。。

次は、高齢社会についてです。

「子供のころは60歳はもうお年寄りの時代。

ところが今は60歳でも介護や孫のお手伝いがあり、

90歳まで生きていても不思議ではない時代に…。」

この変化に意識を変えていかないといけませんね。

最後は戦争をしない方法についてです。

「鬼畜米英と教えられて死んだ命がある。

敗戦すれば今度はその鬼畜だった国と同盟を結ぶのが国際社会。」

これにはハッとさせられますね。

あなたはこれらの意見についてどう思いましたか?

日本がより良い社会になるよう、努力していきたいですね。

出典元:twitter