「ぬいぐるみを移植する」。このフレーズを聞いたことがある人は、あまり多くはないでしょう。
これは“ある取り組み”を広めるためにできた言葉であり、今日はそれをご紹介したいと思います。より多くの人が知ることになれば、日本の約1万4,000人の命を救うことができるかもしれない、とも言われているのです!
その取り組みとは「臓器移植ドナー」不足の解消です。現在日本には、約1万4,000人の方々が新しい臓器の移植を待ち望んでいる状況。しかし臓器移植を受けられ、命を救われている人は年間で2%に留まっています。つまり300万人ほどしか実現できていません。
「ぬいぐるみを移植する」は、「おもちゃの移植手術」を通じて、老若男女に実際の臓器移植を広めるキャンペーンなんです。

先ほど説明した通り、「ぬいぐるみを移植する」は、「おもちゃの移植手術」を通じて臓器移植を広報するキャンペーンのこと。移植医療を広める活動をしている「グリーンリボンキャンペーン」事務局が「Second Life Toys(セカンド・ライフ・トイズ)」と銘打って行っています。
具体的には、「遊ばれなくなったおもちゃ」が「ドナー(提供する側)」になり、「修復されたいおもちゃ」が「レシピエント(提供される側)」となります。ドナーとレシピエントがマッチングすれば、壊れてしまったおもちゃが修復するというわけです。

お分かりでしょうか?「カエル」の特徴的な手が、「ニワトリ」のトサカへ移植されているんです。

こちらは、リスの尻尾が移植されたことで、ゾウの鼻がカラフルに蘇っていますね!

こちらはサルの腕を移植されたことで、クマの腕が蘇っています。
発想も面白いですが、何より壊れたおもちゃが蘇るのは気持ちが良いですね。




こうして新しい命を与えられた「レシピエント」のおもちゃは、修復が終わると持ち主へ返却されます。
一方ドナー側は、レシピエント側から感謝の手紙や写真が送られます。お互いが「命をつなぐ喜び」を体感することができるのです。

写真の女の子はレシピエント側。このキリンのぬいぐるみが壊れてしまい、ドナーを募ったのでしょう。そして見事移植手術が成功し、喜びの表情を見せていますね!
その様子を手紙と写真で送られてきたドナー側も、やはり同じ喜びを共有するに違いありません。

おもちゃによる「移植医療の疑似体験」をしてもらうことで、移植医療によって多くの命が救われること、新しい臓器を待ち望んでいる人がいること、そして臓器移植の大切さを広めていこうというのが、このキャンペーンの目的です。
キャンペーンについて詳しく解説した公式動画はこちら!

このキャンペーンは、「Second Life Toys」の公式ページから誰でも参加することができます。
もう遊ばなくなったおもちゃ、あるいは、壊れて修理したいと思っているおもちゃを提供してみてはいかがでしょうか?
いかがでしたか?「ドナー」「移植手術」などといった言葉を聞くと、どこか遠い存在に思えてしまいますが、こうしたキャンペーンを通じて、その大切さや成功したときの喜びを体感できるというのは、非常に意義があることですよね!

出典元:youtube