それは突然のことでした。

母は激怒し父を罵倒しました!!

「突然」と書きましたが、こうしたことは突然に起こるわけではありません。

夫婦で生活を共にしていると時に「ムッ!?」とすることがあるものです。時にだったらいいのですが...、それが『聞き流し』の延長に合ったら大変なことになります。

『聞き流し』というのは、あなたが妻の注意を聞き流してるかもしれませんし、逆に妻があなたの注意を聞き流しているかもしれません。

今回は妻のいうことを聞き流す問題について書きます。

小林ギリ子さん(@kobayashigiriko)は社交的で交友関係の広い父をもっています。明るい性格ゆえにみんなの人気者です。

しかし、そんなお父さんに対してお母さんは心配事があります。

心配事の原因は飲み会のたびにひどく酔っぱらうお父さんです。

お母さんは自分の仕事で疲れているのに自由奔放に生きているお父さんに毎日のように振り回されています。夜遅くまで酔っぱらったお父さんの介抱をしていて、お母さんは『疲れて』しまいました。

お母さんは疲れていました。何回も何回も注意しているのに一向にお父さんの方に変化がありません。




ついに、疲労の限界に達してしまったお母さんは心療内科のお世話になることになります。

我慢の限界に達したお母さんは激怒し、それ以降お父さんは反省して酔っぱらって迷惑をかけることはなくなったそうです。

小林さんの漫画にたくさんのTwitterが届いています。

  • 妻あるあるすぎる。こういう愚痴よく聞くわ。

  • わが家は逆だったなぁ。父の注意を母が聞き流してた…。

  • あ~わかる。適当に「ハイハイ」って相槌うたれると腹立つよね。

  • 全員が全員じゃないけど、妻を母親扱いする人って結構多い気がする。

  • こういうパターンが熟年離婚に繋がるのかもね。

「いつも傍らにいるし、迷惑かけても助けてくれるはず」とか「なんだかんだ言って、今回も許してくれる」と思っていませんか?ちょっとした「甘え」が後で大変な結果になってしまうことがあります。

心当たりのある方は注意してください。自分の行動を見直せば夫婦の空気も改善されることでしょう。

出典元:twitter