東京都足立区で悲惨な事故が起こり話題を呼びました。
生後6か月の男の子が離乳食としてはちみつを摂取した際に「乳児ボツリヌス症」で亡くなってしまったのです。

ご存じだとは思いますが、はちみつの商品ラベルには「一歳未満の乳児にはちみつを与えてはいけません」と記載されています。
こんな事は常識なのです。
しかし、亡くなった男の子の家族は「知らなかった」と話しているそうです。

知らなかったで済まされる問題ではありません。
特に乳児の場合は、親がしっかりと把握していなければいけない問題です。

Twitterユーザーのパン耳(@komezo7)さんが、イラスト付きで分かりやすく解説してくれているものを紹介します。
親御さんは是非ご覧ください。

パン耳(@komezo7)さん自身の経験や、書籍・ネットの情報をまとめて1枚のイラストを作成して公開しました。

子育て中の人には是非ご覧頂きたい内容になっています。
見た人からも「とてもわかりやすくて助かる」との声が多く上がりました。




いかがでしょうか、非常にわかりやすいですよね。

子供を守るためにも、知らなければいけない事はしっかり覚えておきましょう。

出典元:twitter