年齢を重ねると、体だけでなく頭も固くなり、柔軟性が無くなると言いますね。
子どもにはすぐわかるようなクイズでも、大人にはさっぱりわからない。

大人になると経験値は増えていきます。
単に知識を必要とするクイズは解けるかもしれませんが、発想や柔軟な思考が必要な問題は、逆に難しくなるのかもしれません。

しかし、実はこの柔軟な発想力は、大人の社会ではとても重要です。
アイデアの閃きや、ストレスを軽くすることもできるそう。

漫画家のさんりようこ(@sanriyoko)さんのお子さんが、学校から持ち帰ったあるクイズが頭の固い大人たちを悩ませました。

む、難しい…。
これを子ども達が解くんですか?

72と99が27…ということは、左の数から右の数を引くのでしょうか?
99-27=27
45-27=18
39-18=21
36-21=15
ということで「?」に入るのは「15」!

ところが…。

どうやら「15」は違うようです…。

確かに「?」に「15」を入れて、その先を計算していくと…。
28-15=13
21-13=8
こうなりますが、数字は「8」ではなく「7」になっていますね。

では正解は…?

「?」に入る数字は「12」でした。

なるほど、7+2+9+9=27と、数字を分解して足していくのですね。
聞いてしまえば、なーんだ、ですけど、全然閃かなかった…。

柔軟な発想力とヒラメキ、皆さんはお持ちでしたか?
頭が固いなあと思われた方は、いろんなクイズに挑戦して、ぜひ日頃から頭の運動をしてみましょう。

出典元:cadot