忙しい日々の中で時間に追われ生活をしていると、知らず知らずのうちに大切なものを見失ってしまう事があるのかもしれません。
すべての人に平等に与えられた一日24時間をどう過ごすのか、大切なことを考えるきっかけを与えてくれる、海外で有名なお話「マヨネーズの瓶と二杯のコーヒー」をご紹介します。

哲学の授業でのこと。授業が始まると、教授は無言のまま大きな空のマヨネーズ容器の中に「ゴルフボール」を一杯になるまで詰め込みました。
すると教授は生徒たちに「この瓶は一杯ですか?」と尋ねます。
そして生徒たちは「一杯だ」と答えます。
次に教授は瓶に「小石」を注ぎ込みゴルフボールの間にある隙間を埋めていきます。
そしてまた「この瓶は一杯ですか?」と尋ねると
生徒たちは再び「一杯だ」と答えました。
次に教授は「砂」を注ぎ込み、「この瓶は一杯ですか?」と尋ね、学生たちは「はい」と答えます。
最後に教授はテーブルの下から「2つのカップに入ったコーヒー」を取り出し、瓶へ注ぎ込み砂と砂の間を埋めていきました。

ここで生徒たちは笑いました。

教授は「さて」と言い、生徒たちの笑いが止まりました。

”この瓶は、あなたの「人生」を表していることに気がついて欲しい。ゴルフボールは人生の中で最も大切なもの。あなたの家族、子ども、健康、友人、情熱など重要なものを表しています。たとえ他のすべてを失っても、これら大切なものが残れば、あなたの人生は満ち足りたものであるでしょう”

そしてこう続けます。

”小石はそのほかの物、たとえば、仕事、家、車など。
砂は、他の小さなものを表します。もし、あなたが初めに「砂」で瓶をいっぱいにしてしまったら、小石やゴルフボールを入れるスペースがなくなってしまいます。これは人生と同じで、もしあなたが些細なことに、全ての時間とエネルギーを費やしてしまったら、あなたは決して大切なものを手にすることができません。
あなたの人生における大切なものに気をかけてください。子どもと遊びなさい。健康診断を受けなさい。パートナーと食事に行きなさい。掃除や物の片付けなんかは、いつでもできるのだから。
人生におけるあなたの「ゴルフボール」を大切にしなさい。優先順位をつけるのです。ほかのものは全て単なる「砂」です”

すると1人の生徒が手を挙げ質問しました。
「では、コーヒーは何を表しているのですか?」
教授は笑いながら言いました。

”よくぞ聞いてくれた。これは人生がどんなに手一杯に見えても「友達と一緒にコーヒーを楽しむ時間はいつもある」 ということを表しています。”

と答えました。

出典元:feely