【大きな違い…】これであなたも非モテからモテ男へ!?モテる男はここが違う!!

736 views

多くの男性は「女性にモテたい」と思っているのではないでしょうか。
「いや、女の子なんかに興味はないよ」という人だって、魅力的な女性から好意を寄せられたら、決して悪い気はしないはず。

ですが、世の中にはモテまくる男性がいる一方で、数十年間にわたりただの一人からもモテたことのない男性もいます。
残酷なまでの恋愛格差社会といえましょう。

モテない男性諸氏においては、どうにかしてモテモテになれないか、いやモテモテまでいかずともせめて数名の女性から「好き」と言われないか、いやいや数名なんて贅沢はいわない、一人でもいいからカワイくて清楚でスリムで知的で上品な女性から愛を囁かれないか……などと妄想に耽ることもおありかも知れません。

そんな方にご紹介したいのがこちら。
『「モテる男」と「嫌われる男」の習慣』(今井翔/明日香出版社)

『「モテる男」と「嫌われる男」の習慣』(今井翔/明日香出版社)では、モテる男と嫌われる男の習慣の違いが50のポイントに分けて示されています。

本書の冒頭に、モテる男には「学生の頃から人気だったタイプ」だけではなく、「社会人になってからいろいろと勉強してモテるようになったタイプ」もいる、とあります。

つまり努力によっては、今までさっぱりモテなかったという男性でも、モテるようになるということ。
これはなかなか勇気づけられる一文なのではないでしょうか。

㈰遠慮の仕方

本書によれば、モテる男は謙虚でありながらも、感謝すべき場面ではきちんと感謝するといいます。
反対に、嫌われる男は過度な遠慮が嫌味となり、相手の好意を踏みにじる結果となる、というのです。

㈪ファッション

服装くらいは自由に楽しみたいもの。
ですが、同じ「ファッションに気を遣う」男性でも、モテる男とそうでない男の間には明確な違いがあるといいます。
モテる男は、相手から自分がどう見えるかを意識して服を選ぶ。
反対に、モテない男は人目を気にせず自分の好みだけで服を選ぶ。
ここがモテ具合に影響してくるのだとか。

㈫過程と結果

結果は大事ですが、その満足度は一瞬。
もっと重要なのは過程を楽しむことです。
モテる男は過程を存分に楽しむのに対し、非モテ男は結果のみにこだわりがち。
余裕を持つことが大切なのですね。

自信と客観的な視野、この二つを兼ね備えることで、余裕が生まれます。
余裕は魅力となり、異性を惹き付ける結果となるわけですね。

本書では対比の形でモテるために心掛けることが書かれており、気軽に読めるはず。
ここらで自分を変えてみたい、という男性諸氏は、ご一読なさってはいかがでしょうか。

出典元:spotlight-media

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑