『そのままでいい』『「あかさたなはまやらわ」の法則』などの著書で知られる田口久人さんによる、『嫌われる人の特徴』が読む人の多くをハッとさせています。

人は社会的な生き物だと言われています、一人で生きて行くようにはなっていないのです。
そう考えると自分が人からどう見られているかは重要なことです。また、気分よく生活するためには「好かれる」方がいいですよね。

田口さんの「嫌われる人」は読む人に自分の事を考えるいい材料になっているのかも知れません、そんな「嫌われる人」もう少し掘り下げてみましょう。

苦手な人や嫌いな人は誰にでもいるものです。自分の周りの人すべてを好きでいることは難しいことです。もちろん、自分が「すべての人に好かれる」存在になろうとするのも、人の素直な気持ちの流れからは逆らうことになります。

ですが「多くの人に好かれる人」になり、「嫌われる人」にならないでいることは、日頃の努力で実現することができます。自分が投げかける言葉が相手にどう捉えられているのか、少し立ち止まって考えたら、人間関係はうまく回っていくのかもしれません。

出典元:instagram