とある中学校で起こった話なのですが、なんとその人が中学生の頃にとても驚きの事態が起こってしまったのです。
いちは(@Willway_ER)さんが中学生だったころ、学校には指定のジャージがあったのです。
そのジャージの色は、指定ジャージであるだけに、様々な学校で採用されているような真緑の定番のジャージでした。
ある日、学校行事の一環として行われていた全校登山に、学校側は「指定のジャージで参加するように」との指示があったのです。
しかしある教師が「一言」を放ったのです。
その教師の発言により決定が覆りました。
定年間近だったというその教師が放った一言というのは一体何だったのでしょうか?

実はこの一言を放った教師というのは、かねてより登山を趣味としていて、誰よりも山の怖さを知っていたのです。

万が一、山で遭難した場合、木々の色に溶け込んでしまう「真緑」の服装では発見が遅れてしまう可能性があるのです。
なぜアウトドアブランドなどの登山ウェアが派手な色遣いをしているかがわかりますか?
このような理由があったためなのです。
なんとこの一言により全校登山の服装は次のように変更されたのです。




なるべく派手なものをきなさい

なんと学校指定のジャージとは真逆になり、自由な服装で、さらには派手な服装で全校登山に参加しなさい。
と指示されていたのです。
全員が学校指定のジャージを着ることに意味がないわけではありません。
時と場合によってはむしろそのほうが良いことのほうが多いでしょう。
ですが、登山というシチュエーションでは地味で周囲の景色に溶け込んでしまう。真緑のジャージは不適切でしょう。
どんな低山であっても山には常に遭難の危険がありますからね!

今回の学校は危険性の考慮もあってなのか派手な服装へと変更されましたが、されない学校も多いのではないでしょうか?
柔軟な発想ができるこのような学校が増えてくれるといいですね!

出典元:twitter