今年も毎夏恒例の日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」が8月26日から27日にかけ放送されました。
そんな中、去年同様、24時間テレビと同じ時間に放送されて話題になったのがNHKのEテレ『バリバラ』。バリバラとは障がい者をテーマにしたバラエティ番組で、27日は「告白!あなたの夢はなんですか?」というテーマで番組が進行。
そして番組が始まりスタジオが映されると、出演者は皆おそろいの黄色いTシャツ姿に、どこかで見たような「24」マークが!
皮肉たっぷりで本家24時間テレビに挑戦的とも思われるセットですが、なんと番組がスタートしてまず始めに行われたのが本家でも定番のあのチャレンジだったのです!

放送がスタートし、まず初めに行われたチャレンジが「ドミノ倒し」!障がいを持つ方達が番組終了までにドミノを完成させドミノ倒しを行うことが目標で、途中ZARDの『負けないで』が流れる場面も…。本家の24時間テレビを見ているかと思わせてしまう内容でした。




さらに『24時間テレビ』では、義足の少女が槍ヶ岳登頂に挑戦する感動的な内容が放送されていたのに対し、バリバラでは障がいを持つ人が山登りにも挑戦するも自力で登ることはできず、リフトで登る姿が放送されました。
バリバラで山登りに挑戦した方は「リフトで登って、景色が見れるだけでいい。障がい者が頑張っている姿を見るのは楽しいですか?」と語るなど随分冷めた発言も。

しかしこれにネットでは
・「バリバラは障がい者の目線で作っている」
・「24時間テレビのお陰でバリバラが面白くる」
・「バリバラ今年も攻めてて面白かった」
などのバリバラを称賛する声が多数上がったのです。

番組に出演したクリエイティブディレクターの箭内道彦氏は、「やりたいこと、やってほしくないことは個々に違うし、本人にちゃんと話を聞かないとわからない。それがないと価値観やものさしの一方的な押し付けになってしまう、テレビゲームで成立するような番組づくりもこれからのテーマ」と語っていました。

24時間テレビを毎年楽しみにしている方が多い反面、障がいを持った方を毎年使い都合のいい感動ネタを作っているのが不快だ!という批判的な声もみられるのが現実です。
バリバラは、単なるパロディーに留まらずメディア全体に対して「感動ポルノ」を問題提起するなど、ツイッターなどではまだまだ反響が続きそうですね。

出典元:sirabee