グローバル化した現代において、英語が話せるかは社会人の大きな課題の一つですね。
最近では子どものうちから英語を学ばせるという親も多いのでは。

24日に放送された『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)の中で、そんな幼い子どもへの英語教育について語られた場面がありました。

同番組に出演したタレントの紗栄子さん。
彼女は9歳と7歳のお子さんを持つママタレントでもあります。
そして彼女は数日後に渡英を控えているそう。

紗栄子さんは、お子さんたちへの英語教育をどう考えていたのでしょう。

番組で、子ども達への英語教育について聞かれた紗栄子さん。
「1歳の終わりからしている」と答えたようです。
そして「コミュニケーションツールとして、英語を持っていることは強み」だと、自身の子ども達への教育への考え方を発言。

しかし、これに対し林修先生は「子どもに早期英語教育をやらせている東大出身の親に会ったことがない」と言いました。
続けて、林先生は英語ができる親ほど子どもには英語を早くからやらせず、英語ができない親ほど子どもに英語をやらせようとする、と持論を唱えました。

さらに、英語ができればそれですべてできるという勘違いが蔓延している世間に対し、「物差しが狂っている」とも発言。
英語の力だけではなく、本人の思考力の高さがもっと重要なのだと言いました。

このやりとりに対し、ネット上では称賛の声が多数述べられたようです。

・学歴コンプレックスがある親ほど、英語を早くから習わせたりしてる気がする
・語学ができれば、仕事をすることはできるかもしれないが、それだけでは成り立たない。ただ、ネイティヴに近い英語を話すためには幼児からの教育も必要かも。

しかし、日本人にとっては、やはり英語はコンプレックスの一つのようです。

「もう少し英語を話せるといいのになあ」と思う方も多いかもしれません。
そうすると、せめて子どもには…と思う親も大勢いるのではないでしょうか。
教育への考え方は、人それぞれ、家庭それぞれ。
でも、言語とは、豊かな思考力があってこそ、生かせるものかもしれませんね。

出典元:sirabee