子どもというのは時に大人をハッとさせるようなことをふいに口にすることがありますが、お父さんと甲子園を見ていたとある小学4年生の女の子の一言が今話題となっています。
日本中の野球ファンの心を打った深すぎる言葉とは?

2017年の甲子園での出来事。
カウントが3ボールとなり、もしかしたらフォアボールになるかもしれない…という緊張の場面を見ていたとある少女。
その局面で彼女が放った言葉がすごいと話題になっているのです。

娘の言葉に思わず投稿したお父さん。
この投稿にツイッターユーザーからは…

「シンプルに本質をついててすばらしい。」
「野球の本質をおわかりなお嬢さんだ。」
「有名な元監督も同じような事言ってましたねぇ」
「将来女子プロ野球での活躍を期待します」
など称賛の声が多数寄せられ大きな反響が!

「One for All,All for One」のスポーツ精神を非常にシンプルに表現した小学4年生の深い言葉に野球ファンだけでなく多くのスポーツファンが心打たれました。

出典元:hitomoti