バケツ(@Bucketz_jkt)さんが投稿した『素晴らしい上司の話』が、今とても話題となっています。
以前同じ会社で働いていたバケツさんの元上司の話です。
その上司がある日、残業している部下を見て近づいてきたのだそうです。

「なになに?どうしたの?え、もしかしてパソコンの電源の切り方が分からない?」

ちょっぴりギャグを盛り込みつつ部下に話しかけたその上司は、部下が残業に至った理由を、柔らかい口調でさりげなく聞きだし始めました。
経緯を知った上司は「今日の作業は最低限で済ませるように!」と部下が早めに切り上げられるよう指示したそうです。

上司は部下から聞いた話を参考に、業務内容を見直しました。
そして翌日にはすでに、ほかの人との業務配分を調整し各々の負荷を平準化したというから驚きです。

この出来事を受け、「素直にすごいと思った」と感じたバケツさんは、部下の意見を素早く取り入れ『残業しない方法』を考え、翌日には現実化した上司について、「会社員生活で1番尊敬している上司です」と語りました。
投稿に対して、「こんな上司がすべての会社にいればいいのに」「素晴らしい上司に会えてうらやましい!」といった絶賛の声が上がっています。
現実に日本の社会問題となっている長時間労働。
この現状をいち早く改善するためには、社会全体で『残業』に対する意識を変えていくことが大切なのでしょう。

出典元:twitter