2017年10月8日に放送されたTBS系番組『林先生が驚く初耳学!』。
タレントで予備校講師の林修先生が持論を展開し、スタジオを驚かせました!

みなさんはお金と時間の使い方について考えたことはありますか?今回林先生はこのお金と時間の使い方について持論を展開。その意見に賛同する人々が多く、話題になっています。一体どのような持論を展開したのでしょうか。

 林先生は番組の中で、「通勤と通学時間は最低限にした方がいい」と述べました。この通勤通学というのは、沢山の人々が毎日行うことは確かですよね。ではなぜこんな事をいったのでしょうか。理由を林先生はこう述べました。




1、通勤時間が45分を越えると離婚率が40%高くなる。
2、通勤通学時間が長いと睡眠時間と運動時間が妨げられる。
3、朝のラッシュでのストレスは意外と大きいので、失うものが多い(これはあくまで都会の人の意見ですよね)。
林先生はこの3点を理由にあげました。
通勤通学の時間が多いと、その分自分が得られる自由な時間が減ってしまうということ。確かに限られた時間、通勤通学に費やすと毎日行うものですからストレスを感じやすくなりそうですね。
番組内では、通勤通学時間を利用して自学自習をすればいいのでは?という反論意見も多く出てはいましたが、通勤通学はもっぱら公共交通機関か自家用車ではないでしょうか?公共交通機関が満員となれば自学自習などできないですし、自家用車であれば運転以外なにもできないですよね。確かに的を得ている意見ではないのでしょうか。
林先生は「お金と時間のバランスを考えてみてほしい。」と締めくくりました。

以外みなさんの意見をピックアップしました。
•通勤時間が伸びて、精神的にも体力的にも疲れています。林先生の意見に賛成です。
•通学に往復4時間かけてた自分からすると、確かに通勤通学の時間は無駄かもしれない。
•電車に乗っている時に「本を読めばいい」という意見があるけど、満員電車だと本も読めないから。林先生の意見に賛成。
お金と時間、どちらも貴重なものですが、どちらを優先すべきなのか自分でしっかり考え、限られたものを有効活用したいですね。

出典元:mimi