ある女子高生はバスの中で体験したことをTwitterに投稿していました。彼女はある日、持病である脳脊髄液減少症という症状に襲われていたそうです。

この病気は、頭頂部の脳脊髄液が漏出することで、激しい頭痛やめまい、耳鳴りや倦怠感などの症状を引き起こしてしまうもので、2000年頃に提唱され、現在は治療法の研究が進められているのです。

人によって楽な姿勢は違うのですが、彼女は体を起こすと表情が悪化し、横になると少し楽になるそうです。

入院したことで少し症状が軽くなったのですが、再発してしまい、未だに苦しんでいるのです。その日は朝からその症状に悩まされていて、彼女は、親にお願いして6時間目から投稿することにしました。

体調が悪くて家で休んだ後、頭痛に悩まされていた彼女は、バスに乗って学校に行くことにしました。

午後なのでバスの座席に空いているところがあったそうです。その時彼女は、(誰も座っていないし、体調も悪いから、優先席に座ろう)と思い優先席に座りました。

しかし、次のバス停で彼女の姿を見た老人は近寄ってきて耳元でこう叫びました。
「ここは、お前ら学生が座るところじゃない」

女子高生は涙をこらえながらひどい頭痛に耐えていましたが、見知らぬ人に耳元で怒鳴られて、突然の出来事に視界が真っ白になったそうです。

確かに学生が優先席に座るのはおかしいと思うでしょう。しかし、誰も座っていない優先席に座って、大声で怒鳴られて、本当に辛かった。

「こんな人もいるし、こんなこともある」ということが少しでも伝わってほしいと思いながら投稿しました。




外見ではわかりませんがその人には事情があるかもしれませんね。その可能性を考えてもらいたいと女子高生はこの出来事についてTwitterに投稿したのです。

体調が悪くて優先席に座っていたのですが、それを知らない老人に怒鳴られてしまった女子高生。そこで大きな疑問がありました。

その疑問に対して皆はどう思うでしょうか。

優先席に若者が座ることに対してどう思うでしょうか。それは2つの意見に分かれます。

「若者なんだから、座るべきではない」「あいていれば、座ってもいい」という意見です。

目の前に優先されるべき人がいる時に席を譲らないのは良くないと思いますが、優先席が空いている場合は、若者は座っていけないのでしょうか。

今回のように女子高生はひどい体調不良に襲われていたので優先席に座ったという場合でも責められてしまうのでしょうか。

優先席は、一般的に高齢者や障がい者、けが人、体調不良者、妊婦、乳児連れが優先的に座る席を言います。専用席を設けている公共機関もありますが、殆どの優先席は「それ以外の人が座ってはいけない」と決められていません。

その人の症状は目には見えにくいですが、優先席に座っている若者の中には、体調不良や病気などの事情があるのかもしれません。

優先席は、本来思いやりのある社会を目指す一環として設置されたのです。常に他の人をいたわる優しい心をもって、生活していきたいですね。

出典元:life-hacking