お子さんがいて外でも働いている人は、家の事や職場のことでストレス発散する時間もなく溜まっていく一方ですよね。たまにストレスが爆発して、旦那でもいいから聞いてもらいたい!
そんなふうに思ったことありませんか?
2人の子どもと夫を愛する働くママ、玲奈(@reinarration)さん。そんな玲奈さんが、ある日の夫婦の会話をtwitterに投稿したところ、共感の声が多数上がりました。
一体どんな内容だったのでしょうか?

玲奈さんは職場でのストレスが溜まり、愚痴を聞いてほしくなった玲奈さんは、夫にこんなお願いをしました。

玲奈さん「仕事の愚痴を言いたいんだけどつきあってくれる? 5分愚痴るから黙って聞いて、最後に『大変だったね、おつかれさま』って言ってほしいの」
夫「わかった」

5分後、話を聞き終えた夫の口から出た言葉は…

「相手は変えられないから、怒るだけ損だよ。アンガーマネジメントって知っ…」




たった一言「おつかれさま」と言って欲しかっただけなのに説教じみた正論を話し始めたそう!
女性は共感してもらいたいのに男性は解決策を探してしまうので、女性は余計イライラしてしまいますよね。玲奈さんは最初にしっかり対応の仕方を言ってから愚痴ったのに旦那さんときたら…。

これには多くの女性から共感の声が!
・男ってそういう生き物だと思います。
・正論が聞きたいのではないですよー!
・会話の流れが想像できて、ふいてしまいました!ただ共感してほしいだけなんですけどね。

反対に男性側からはこんな意見も寄せられています。

・「共感してほしい、解決策はいらない」と分かっていても、いいたくなってしまうんです。
・真面目に話を聞いているってことなんですけどね。

こうしてほしいと女性に言われていたら、言われた通りに答えておく方が夫婦生活はうまくいきそうですね。

出典元:twitter