スペインのCFパチューカに所属するプロサッカー選手の本田圭佑!サッカー日本代表としてもこれまでに数々の試合に出て活躍されていますよね。
そんな本田圭佑選手が、自身のtwitterにをミスを減らすために指導者がかけるべき言葉を投稿し、そのひと言が「考えさせられる」と、話題になっています。
いったいそれはどんな言葉んでしょうか??

人は誰しも失敗してしまうもの。失敗することで学ぶこともあり、失敗しないとわからないことだってあります。
そんな時に指導者は、「ミスをするな」というべきではないと、本田選手は指摘しています。

それにはこのような理由がありました。

本田選手の口から聞くことで意味に深みが増してきますね。

ミスをするなと言われれば、人はかえって意識し焦ってしまうものです。どうやれば上手くいくかを意識した方が良い結果が出るなんて、世界で戦う本田圭佑選手だからこそ言える言葉ですよね。

そんな本田選手の言葉には多くの共感の声が集まっています。
またコメント欄で「指導者としての最も必要なことは何だと思いますか?」と問われ「もちろん情熱!」と答えていました。
失敗しないようにと圧力をかけるのではなく、成功することを意識させるという考えかた。
相手の伸びしろを信じて指導することができているのか、自分の言動を振り返る良いきっかけですね。

出典元:twitter