ぷぷぷ(@DX3YsGvJw4LGoci)さんは、妊娠中に職場の先輩ママさんからいわれた言葉が今でも響いているといいます。

気になる当時のその言葉をTwitterへ投稿したところ、「耳が痛い」「秀逸なお言葉」と、息子を育てるママさんたちから大きな反響を呼んでいます。

「男の子だったら気を付けなさい。」

当時、投稿者さんが妊娠中だった時、まだお腹の中の子どもの性別も分かっていなかったが、職場の先輩ママさんはそういってきたといいます。

その理由とは…。

「母親にとって男の子は可愛いから溺愛したらダメ。初めから人様(未来のお嫁さん)にあげるものだと思って育てなさい。」

投稿者さんは出産後、当時の言葉を思い出し、このように語っています。

「幼少期は愛情をたくさんかけてあげるのは当然です。
だけど、男の子っていつまで経っても幼くて単純で可愛いいから「自分が世話を焼きたくなりがちだから、気を付けなさいよ」という意味です。」

投稿者さんのいうように、親であれば我が子を可愛く思うのは当然です。しかし、甘やかすのはまたちょっと違って、いつまでも子どものためにならないということなのでしょう。

実際に投稿者さんはあれこれと世話を焼いてもらい続けた結果、自立できていない夫の報告 をTwitterでよく目にするといいます。

我が子を愛することと甘やかすことは、何とも線引きに苦難してしまうものですが、先輩ママさんの言葉のように、甘やかしすぎず、時には厳しく寄り添い、自立をうながすことこそが真の親の愛情なのだということかもしれませんね。

出典元:twitter