世界保健機関「WHO」によると、世界中に3億人を超える患者がいるといううつ病。
気分が落ち込む、意欲の低下、不眠症など、様々な症状に苦しむ患者は、日本の方も多くいます。

そんな中、うつ病を克服したという男性が一枚の画像を自身のTwitterで公開。
その画像に勇気づけられたという方が殺到したのです。

イギリスに住む作家であるクレイグ・ストーンさん。
クレイグさんは、2009年ごろにうつ病を患っていました。

それから8年後、うつ病を克服したクレイグさんは、当時見ていた光景を目にし、ある事を感じたそう。
そして、次のように思いを述べました。

こちらが実際の投稿になります。

”このベンチを見て下さい。




私は8年前、このベンチに座りながら「橋から身を投げてしまおうか」と考えていました。

今日、私はここで、息子の写真を取りました。

明日は今日と同じで、変わらないかもしれません。

けれど、いつかは明るい未来がやってくる可能性もあるでしょう。

それはあなたに、想像以上の輝きをもたらすはずです。

どうか負けないで。愛してくれる人たちは、いつかあなたのそばにやってくるから”

この病気は、「もしかしたら明日はよくなるかも」という希望を奪う病気。
思わずネガティブになってしまいがちですが、それを分かっている経験者だからこそ、クレイグさんのメッセージは多くのうつ病で苦しむ人々に希望を与えました。

この投稿へのコメント欄には、

・勇気ある投稿をありがとう

・いま、とてもつらい状況だったけど、あなたの言葉で希望がわいた

・うつ病は本当に苦しいもの。あきらめず頑張って克服したいと思った

などなど、クレイグさんの言葉に勇気づけられたという人からのコメントが寄せられました。

これからのクレイグさんの進む未来が幸せであるとともに、今も苦しんでいるうつ病の方に幸せを感じてもらえますように。

出典元:twitter