2017年7月1日、シェーンさんとニコル・シフリットさんの間に1人の健康な女の子・マリアナちゃんが産まれました。

2人は今月、初めての赤ちゃんを迎えました。それはとても素敵な喜びで溢れていました。

そして7月7日になり、両親のシェーンさんとニコルさんはマリアナちゃんと共に結婚式をあげました。

しかし、両親が結婚の誓いを交わしたのもつかの間、なんとその2時間後、生後6日のマリアナちゃんが突然、体調が急変し病院へ運ばれる事態となってしまいました。

その当時を知るニコルさんの高校時代からの友人オートゥールさんによると、マリアナちゃんは披露宴の最中にお腹を減らさずなかなか目覚めず、血の気が引いていることに気づいた新婚夫婦は慌てて披露宴を途中で切り上げ、急いで病院へ連れて行きました。

そしてそこで、医師になんとも衝撃的な診断を下されました。

それは“単純ヘルペス髄膜炎”という病名でした。
マリアナちゃんは口唇ヘルペスの原因ともなるヘルペスウィルスに起因するウィルス性の髄膜炎に感染したというのです。

2時間もたたないうちにマリアナちゃんは呼吸が停止し、全ての臓器が機能しなくなり始めました。

そこから48時間で6回の輸血を受けました。

しかも腎臓の機能が停止し、透析が必要となり、さらに肝臓も正常に機能しなくなってしまい、内出血までもするようになってきたのです。

そして披露宴から2日後の7月10日には、マリアナちゃんはアイオワ大学の病院に移送されることとなりました。

そこで感染をとめるべく、専門チームが全力で治療に当たりました。

母親のニコルさんは自身のFacebookでマリアナちゃんの健康の危機を定期的に投稿していました。

そして、現状のマリアナちゃんの写真も公開したのです。

それは見るも耐えがたいくらい憔悴しきったマリアナちゃんで、体のあらゆる部分に繋げられた針や点滴と小さな少女が埋もれるほどのチューブや生命維持装置に繋がれている姿でした。

7月9日の日曜日、ニコルさんのFacebookにはこのように投稿されていました。

「わたしの心は砕かれました。わたしの赤ちゃんは急速に衰弱していっています。彼女は脳活動はしておらず、肺も心臓も腎臓や肝臓と同じように機能していません。彼女にはもう打つ手がなくなってしまいました。」

そして、その2時間後には神様に奇跡を求めるこんな投稿をしていました。

「わたしはまだ、信じる心と希望を捨てていません!打つ手がなくなっていたとしても、わたしは希望と信じる心を持ち続けなければなりません。」

と。
しかしながら無情にもマリアナちゃんがこの困難を乗り越えたとしても彼女にはつらいことが待ち受けている・・とニコルさんたちは医師からそう告げられてしまったのです。

「マリアナちゃんが今のこの状況を乗り越える事が出来たとしても、感染によって身体の急所に損傷が与えられてしまい脳、腎臓および肝臓に長期間にわたる合併症を持つことになる。」




そしてその翌日、7月11日の火曜日の午前8時40分マリアナちゃんはウイルスとの戦いをやめ、父親のあたたかい腕の中でその短い生涯を終えました。

ジョンズホプキンス健康ライブラリによると単純ヘルペス髄膜炎は細菌によって引き起こされ、性的接触によって感染する、または出産中に感染した母親から伝染することがあるそうです。

しかし、マリアナちゃんの場合は少し違っていて、彼女の両親はウイルスに対してなんと陰性だったのです。

という事は母親からの感染ではないという事が確認出来ますね。

マリアナちゃんは短時間で生まれ、合併症も何もない健康な状態で生まれてきたのです。

そんなマリアナちゃんがなぜ単純ヘルペス髄膜炎になったのでしょうか。

「マリアナちゃんが生まれてから家族を訪問し、ヘルペスに感染している誰かが彼女に「キス」をし、その「キス」によって、マリアナちゃんは生命を脅かす病気と契約してしまったということを示唆しています。」

ヘルペスは感染していたとしても必ずしも症状をあらわすものではありません。

ニコルさんとシェーンさんはマリアナちゃんが誕生した後、訪問者に病院へ訪れることを許可してしまったのだと言います。

しかし、ニコルさんもシェーンさんも

「犯人はさがしてはいない」
「そんなことをしても何も変わらない」

と述べています。

このような激しい試練の中で、ニコルさんとシェーンさんは娘の状況について意識を高め、乳幼児を人と接触させることを避け、訪問客を締めだすことに、きまりの悪さを感じないように、他の親たちに警告しています。

先述したとおり、ニコルさんは言います。

「赤ちゃんが生まれたときは、誰も来ないようにしてください。」

そして、

「必ずいつも手を洗っているかどうか、確認してください。そしてキスをさせないようにしてください。あなたの赤ちゃんを抱き上げる前に必ずキスをしないよう求めてください。」

お祝いをしに赤ちゃんを見に訪れた訪問者の中にヘルペス感染者がいて、赤ちゃんにキスをしてそれで感染してしまったなんて…

確かにアメリカなどでは日常的にキスをすることが挨拶の一部として浸透していますね。

日本ではキスの文化はあまりないのであまりピンときませんでしたし、キスによる感染などはそれほど心配ないかなと思いますが、起こりえないとも限らない、可能性はなきにしもあらずですよね。

赤ちゃんを触る場合には必ず手を洗うべきですし、キスなんてもってのほかです。

これは誰が何と言おうと本当に気をつけなければいけません。
新生児は感染症を起こしやすいですし、いつ急変するかもわかりません。
母親だけでなく、父親はじめ周りの家族もより知識を増やしてみんなで気にし過ぎくらいに新生児に対してはあらゆることに配慮して気にしてあげてもいいかもしれませんね。

出典元:lasoreiyu