『3.9+5.1=9.0』が間違いだとされ、議論勃発!間違いの理由と教科書会社の見解はこちら・・・

11,914 views

最近では算数や数学嫌いの子が多くなっていると言われますが、みなさんは算数はお好きですか?

今回ご紹介するのは、今ツイッターで物議を醸している「算数の問題」です。

数の世界には公式や定理といったルールが数多くあり、答えの「書き方」についても規則がありますよね?

これに関連して議論になっているのが、ある小学3年生の「少数」のテスト。

見てみると答えは確かに「合っている」のですが、一体何が問題だったのか・・・?

みなさんは『3.9+5.1=』は何と答えますか?

もしかしたら、あなたも減点にされてしまうかも?

早速、物議を醸しているツイッターをご紹介しましょう。

Twitterユーザーのkennel(@kennel_org)さんが公開した、小学3年生の姪っ子さんの算数テストです。

採点結果に違和感を覚えて、ツイッターに投稿したというのですが…。

みなさん、減点の「ワケ」が分かりましたか?

確かに『3.9+5.1』は『9.0』なのですが、先生が書いた赤字を見るとその理由が分かります。

要するに、先生としては「3.0+5.1=9」と回答して欲しかったということ。

確かに思い出してみると、小学校の算数の時間で「少数点が0だった場合は消す」と習った記憶があります。

ただこの「謎ルール」と言っても良いコレについて、

ツイッターでは「減点するのはオカシイ!」という声が多数寄せられています。

また、「有効数字をどう捉えるべきか」といった意見も多く見られました。

「有効数字」とは簡単に言うと「その数字の精度を高めるためのもの」です。

例えば、100mを10秒ジャストで走ったとしましょう。

このとき、大会などではタイムを「10.00秒」と表記します。

なぜ単に「10秒」と表記しないのかというと、「コンマ何秒は計測していないのでは?」といった混乱を避けるためのものなのです。

この観点から、ツイッターでは「むしろ9.0が正解なのでは」といった意見もありました。

この議論が活発化している中、教科書編集を行う「東京書籍」が小数点以下の表記について見解を公表していました。

公式Webサイトの中で、今回話題になっている計算と似たような問題に対する質問に、

次のように答えています。

Q:「1.2+2.8」の筆算において、答え4.0の「0」のみを斜線で消し、

小数点は残したままにしている理由を教えてください。

筆算について、正式な基準や方法が定められているわけではなく、

児童の実態などに応じて柔軟にご対応いただいて差し支えないと考えています。

要は、「答えは4である」ととらえることができればよいのであって、

例えば、「斜線を用いて0を消去していないから誤りである」とか、

「小数点を斜線で消去したから誤りである」などといったことは全く意図していません。

出典元:東京書籍

また、有効数字についても言及しています。

筆算の手続きに従って計算すると、結果は4.0となります。

ここでは、有効数字については考えませんので、

4.0と4は同義であり、児童にとっても、筆算から得られた「4.0」から、

「答えは4」とするのが自然です。

出典元:同上

ここで注目したいのは「斜線を用いて0を消去していないから誤りである…などといったことは意図していない」

「4.0と4は同義」という記述!

この見解を踏まえると、「9.0」が減点になることには違和感を覚えますね・・・。

ちなみに、投稿者さんの姪っ子さんが使っている教科書は東京書籍のもの。

いかがでしか?

もちろん採点した先生にも悪意があったわけではありませんが、ちょっと腑に落ちない結果でしたね。

コメントの中にもありましたが、これで「算数嫌い」の子が増えなければいいのですが・・・。

出典元:twitter

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑