動物をペットとして飼うのが、しばらく前からブームとなっています。
その反面、飼いきれなくなって捨てられた動物や野良動物が、施設で「処分」されてしまうといった事実もあります。

今回ご紹介するのは、台湾でまだ若い女性獣医師が自殺してしまったという出来事です。
とても痛ましい事件なのですが、その原因についてみてみると、外国のことだから日本には関係ない、と言いきれないもののように思えます。

いったいこの事件はどうして起きてしまったのでしょうか。
何故、彼女は自らの命を絶たなければならなかったのでしょう。

その女性獣医師は、31歳の若さで命を絶ちました。
彼女の名は簡稚澄さんといいます。

簡稚澄さんは、国立台湾大学の獣医学部を一番の成績で卒業したという才媛でした。
獣医師となってからも、同僚たちからは、優しい性格で、プロとしての優れた能力を持ち合わせた人物だと高く評価されていたようです。

そんな彼女は、台湾の動物保護施設センターにおいて、管理者として勤務していました。
職場では、動物たちに対して愛情をもって接していたという簡稚澄さんでしたが、なんと、施設の過密問題のために、2年間で700匹という数の犬を「処分」と称して安楽死させなければならなくなったというのです。




ただでさえ辛い中、簡稚澄さんは更に追い詰められることとなります。
それが、動物権利活動家たちからのバッシングです。

活動家たちは、彼女を「美しき死刑執行人」と非難しました。
そうして、簡稚澄さんは耐えかねて、安楽死用の注射を自らに打ち、死んでしまったのです。

犬たちも可哀想です。
それに、本当はやりたくなかったであろう仕事を遂行することで非難を受けた獣医師の方も、気の毒だと思います。

動物の増加や施設、安楽死といったことは、何も台湾だけの問題ではないはず。
犬もまた一個の命ですから、無碍に扱っていいものではありません。

簡稚澄さんのご冥福をお祈りしつつ、こうした問題について考えていかなければいけないように思います。

出典元:fancollection