犬のしつけができない飼い主に「バカ犬じゃない、バカ親だ」→町内会長の放った言葉に考えさせられる。。。

3,162 views

ペットは私たちの暮らしを癒してくれる、とても大切な存在です。
しかし、動物を飼っていない人から見たら、時には迷惑だと思われていることがあるかもしれません。
飼い主側のしつけや意識は、ご近所との関係性からも、とても重要ですよね。

とある家庭の奥さんは、とても動物好きで、野良犬を見つけるとつい飼ってしまう、そんな人でした。
それが高じて、4匹の犬を飼っていたそうです。
しかし、動物が好きだからといって、その接し方には問題があったそうです。
しつけをするわけではなく、好き勝手にさせており、通りかかる人にも激しく吠えまくります。
町内でも、その事が度々話題に上っていたほどでした。

そんな家で飼われている犬たちが、ある日問題を起こしてしまいます。

しつけもされていない犬たちは、ある日首輪を抜けて、町の中へ出て行ってしまいました。
子どものいる公園や、犬のいる他の家へ行き、激しく吠えたてます。
吠えられた子どもの中には、泣き出す子もいました。

どうにか町内の人に保護され、飼い主の元へ連れ戻されました。
ところが飼い主の奥さんは、そんな犬の事に悪びれる様子もありません。

後日、たまたま行われた町内会で、その事が話題に上がりました。
そして遅れてやって来た、犬の飼い主の奥さんにも、その話をしました。
「子どもが怖がって泣いたようですよ」

ところが、その奥さんは笑いながら、他人事のように言いました。
「そうみたいねえ。いつもうちのバカ犬がすみません」
その時、町内会長が、飼い主の奥さんに問いかけたのです。
「バカ犬と言いましたが、その犬を飼っているあなた自身の責任についてはどう考えているのですか?しつけもせず、犬たちに勝手を許しているあなたに、犬たちをバカという権利はあるんですかね?」

町内会長も、犬を飼っていました。
そして家族のように、大切に育てていました。
問題を起こした犬の飼い主の奥さんの、ペットに対する無責任な態度が許せなかったのかもしれません。

「飼い犬に罪はありません。バカ犬なんて言わないでください。大切な飼い犬を育てることができないあなたがバカ親なんです。」
「命ある生き物なんです。真剣に一生懸命育ててください。でないと犬も不幸です。また同じことを繰り返しますよ」

この言葉に、町内の人々は賛同しました。

その後は、以前のようなトラブルは起きていないようです。
飼い主の奥さんの意識に、少しでも変化があったのかもしれません。
ペットは私たちの大切な家族です。
彼らの命を、軽い気持ちで飼うようなことがあってはいけないのです。
その命の責任は飼い主にあり、飼い主が彼らを幸せにするか不幸にするか、です。
私たちは、その責任の重大さを認識しながら、ペットが与えてくれる幸せを大切にしたいものですね。

出典元:cadot

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑