一匹の犬が見せた、深い愛情と悲しみの眼差し。。。→その先には衝撃の光景が・・・※画像あり

4,974 views

チリ・コンセプシオンに一人の男性が暮らしていました。
名前はレオナルド・ヴァルデスさん、23歳。

ところがある日、レオナルドさんは車にはねられ、命を落としてしまいます。
救急隊が到着した時には、残念ながらすでに息を引き取っていたそうです。

車に轢かれたその時、レオナルドさんの側には、彼の愛犬ドキがいました。
ドキに怪我はありませんでした。
しかし、ドキには飼い主のレオナルドさんに起こったことがわかるのでしょう。
悲しそうな表情を浮かべ、彼のそばから離れようとしなかったそうです。

その時の写真が投稿されると、世界中で話題となりました。

救急隊が遺体にシートをかけ、搬送の準備を始めても、ドキはそこを離れようとしません。
シートに覆われたレオナルドさんの姿を、悲しみに溢れた眼差しでじっと見つめています。

そして葬儀中も、棺の側から離れようとせず、寄りそっていたそうです。
2人の深い絆で結ばれていたことが伝わってきますね。

その後、ドキはレオナルドさんの親戚が引き取ったそうです。
住み慣れた場所を離れ、新しい飼い主さんの元で暮らし始めたドキは、少しづつレオナルドさんがいなくなってしまったことを受け入れていくのかもしれません。
しかし、決して彼の事を忘れることは無く、ずっと思い続けるのでしょうね。

しかし、新しい飼い主さんにたくさんの愛情を与えてもらえれば、ドキはきっとまた幸せになれると思います。
そして、レオナルドさんが与えてくれた愛情は、永遠にドキの中に残るでしょう。
新しい生活で、ドキが幸せになれることを願いたいですね。

出典元:cadot

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑