アメリカのフィラデルフィアに住んでいるカイラ・フィル―ンさんは、家の近所にある動物シェルターの犬たちを定期的に散歩に連れていくというボランティア活動を行っていました。

ここで彼女は、一匹の犬と奇跡の出会いを果たすことになります。

ある日、いつものようにカイラさんはボランティアの為に犬用のゲージの前を通り過ぎようとすると、ある犬に気が付きました。
おそらく収容されたばかりであるその犬は、新しいネームタグを下げて、静かにゲージの中からカイラさんを見つめていました。
若いピットブル犬で、ネームプレートには『ラス』と書いてあったそうです。

体にはいくつもの痛々しい傷があり、激しい虐待の跡・・・
ラスの目は膿み、皮膚は湿疹でただれたようになり、咳も出ていて、けがをしているのか尻尾からは流血していました。

そんな光景を見たカイラさんは。数日後ラスを敷地内の庭に一緒に散歩に行くことにしました。
リードをつないで歩きだすと、ラスはカイラさんの後をついていくように歩き、彼女の手から与えられたスナックを食べました。




しかし、カイラさんの心をつかんだのは散歩を始めた直後からラスが「寄り添いたい、抱きかかえられたい」といった表情をみせたことでした。

翌日もカイラさんはラスに会いに行き、今度は敷地の外に散歩に行きました。
休憩をしようと座ったカイラさんの上に、待ってましたと言わんばかりに膝の上によじ登るラス。

この時、カイラさんはラスと別れるのが寂しいと感じるようになったのです。

カイラさんはシェルターに戻ると、その場でラスを引き取る手続きを済ませました。

ラスはカイラさんに引き取られてからというもの、彼女のもとを離れようとせず、ずっと一緒にいるのだそうです。

皮膚の薬を与えられたラスはすっかり湿疹も治り、大学の講義の宿題をしているカイラさんにピッタリと寄り添います。

犬と人間にここまでの絆が生まれるというのは、とても素晴らしく、暖かいものですね!
これからの二人に幸せが訪れますように!

出典元:imishin