スタジオジブリと聞けば、名作の名前が次々浮かんでくる方も多い筈。

そのうちのひとつである「耳をすませば」の作中で、

「コレって超常現象?」と言いたくなるような驚きの場面が描かれていると話題になっているそうです

主人公の雫ちゃんの甘酸っぱい恋愛模様、青春時期特有のアレコレを丁寧に描いているこちらの映画、

どちらかというと他のジブリ作品よりもファンタジー色は薄めのような気がするのですが、その現象とは一体…!?

それでは早速ご紹介いたしましょう。

こちらの画像を見てい、貴方はその違和感に気付くでしょうか…?

実際に映画を見ている時、集中して主人公の月島雫ちゃんに注目しているとなかなか気づくのは難しいでしょう。

問題は、彼女の背景の一部に変化が生じていることです。

そう、そこにあるべきものがなくなり、別の場所に移動しているのです!

あっと思われた方!

そう、こちらの赤で囲った四角の中に答えがあります。

洗剤と食器の位置が変わっているのです!

ま、まさしく瞬間移動!

月島家には住人達が気付かぬうちに超常現象が起きているのか、

物語を愛する雫ちゃんの思春期特有の何かのパワーが不思議な出来事を引き寄せているのか、気になるところです。

冷静なご意見を寄せる方の中には、スタジオジブリの間違いではなくちょっとした遊びゴコロと捉える方も少なくないようですね。

けれど、そうなると他にも探せば「アレっ!?」と驚くような場面が他の作品の中にも隠されているんじゃないか、

と気になってきてしまいます。

今度ジブリ作品を見る時は、そういった面に目を向けつつ鑑賞するのも楽しいかもしれませんよ!

出典元:twitter