アンパンマンはバイキンマンとも友達になりたい→そんな優しさに対するバイキンマンの返答から「友達とは何か」を考える・・・

14,799 views

多くの人たちに愛され続ける作品『アンパンマン』。

主人公のアンパンマンは勿論のこと他の登場人物たち、

アンパンマンと張り合う存在として登場するバイキンマンもまた印象に残るキャラですよね。

自分を毛嫌いしているバイキンマンに対し、アンパンマンは「キミとも友達になれたらいいのにね」と語りかけます。

そしてそれに対するバイキンマンの答えに、注目が集まっています!

『お前とトモダチなんかお断りだ』

バッサリとアンパンマンの申し出を拒絶するバイキンマン。

『オレサマ大勢の中の1人になんかなりたくないのだ』

『”みんなを大好き”ってことは”誰も好きじゃない”ってのと一緒なんだ』

アンパンマンは心優しい正義の味方。

その言動からは負の感情というものが感じられません。

誰にでも平等で、優しく親切で、自分にまでそんなことを言ってくるアンパンマン。

そんな相手に対し、バイキンマンが言い放った言葉。

とても深く、考えさせられますね。

ネット上でも様々な意見が寄せられています。

多くの方々がそのやり取りから、「本当の友達」や「好き」という気持ちについて考えさせられたようです。

もしかすると、誰かを嫌いに思うことで何かを深く好きだと思うその気持ちを理解できるのかもしれません。

バイキンマンの言葉からそういったことを考えさせられました。

アンパンマンはジャムおじさんに作り出された善の塊のような存在です。

しかし人の心というものは決して単一ではなく、誰もがアンパンマンのようにはなれません。

バイキンマンはある意味、とても人間らしいキャラクターなのかもしれませんね。

出典元:twitter

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑