5年ほど前のことです。日向夏(@2525222828)さんが車を運転していると、妹さんから電話がかかってきました。運転中には話すことができないので、通りがかりに見つけたコンビニの駐車場に車を停めて会話することにしました。

その際、とんでもない経験をすることになってしまいました。コンビニに対して駐車場を借用する
ことへの「すいません」の気持ちはあったのですが、罰が当たった思いでした。

当時経験した出来事をまとめた漫画が公開されているので、ぜひご覧ください。

なんと、鍵を閉めていなかった為に後部座席に知らない人が乗ってきてしまったのです。聞いているだけで背筋がゾッとする話です。当然「犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあった」と考えられます、何事もなく済んだのは不幸中の幸いといえます。




こんな恐ろしい体験をした投稿者さんは、自身の注意喚起という意味合いも兼ねて、最後にこんな言葉で締めました。

「車の鍵は閉めてから休め!」当然のことです。
車を運転していて睡魔に襲われた時など「車を停めて仮眠をとったほうがいい」などと言われますが、うっかり鍵をかけ忘れてしまうと、怖い思いをする可能性があります。

この投稿に対して「私も同じような体験をしたことがある」といったコメントや、
「車で寝ている間に財布を盗まれたことがある」といった経験談まで寄せられていました。

日本は「水」と「安全」はタダと言われてきました。しかし、「水」をコンビニで買うようになったように、「安全」もどこにでもあるものではなくなりました。「少しの間だから大丈夫」と油断することは危険を招くことになりかねない時代なのです。投稿者さんのいうように車のカギを閉めて休むことをクセにしましょう。

出典元:twitter