NHKで平日毎朝放送中の『あさイチ』。

2016年11月24日の放送で、千葉県浦安市の試みが紹介されました。
この試みは、次のようなものです。
千葉県浦安市が配信を開始した、地域猫アプリ。

地域猫とは、「野良猫」のことで、市が管理することで住民トラブルを減らす試みで、1匹1匹の、名前、生息地、特徴、不妊去勢手術などの情報をシェアして、誰がその猫を飼っているのかが分かる仕組みになっています。
野良猫の糞尿問題などで、迷惑をこうむった人が「毒エサをまいたこと」がキッカケに始まったプロジェクトです。

野良猫を排除するのではなく、地域猫として共生しようとする浦安市の取り組みに対し、称賛の声が寄せられます。

そして、番組は『あさイチ』恒例の視聴者FAXの紹介へ。
ここで紹介された視聴者FAXにスタジオが騒然とします。




数年前、猫の糞尿被害に悩まされました。
近所で餌をやっている人がいたため、猫が大発生(裏の空き地に20匹くらい昼寝)し、毎朝家の庭に5~6個の糞がしてありました。
毎日糞の始末をし、気が狂いそうでした。
去勢手術だけでは解決しません。
毒餌をやった人に同情します。

確かに、この方は、気が狂うほど大変な状況だったのでしょう。しかし、毒が入ったエサを与えた人を肯定するような内容に、番組MCを務めるイノッチこと井ノ原快彦さんは「色々な考え方があるのは認めるけど」と前置きした上でこう話しました。

「殺しちゃダメ。絶対にダメ」

「子どもたちが見ているかもしれないんです」
「何かよくしようと活動している人を応援してあげてほしい」
「色々大変だったのは分かるけど、(毒エサを与えることを肯定することは)考え直してほしい」

共演する柳澤秀夫さんと、イノッチは真剣に語りました。
この発言にTwitterからは称賛の声が寄せられます。

視聴者FAXを送ってきた人を一方的に否定するのではなく、「一緒になって考えましょう」という形で着地させました。

本当に素晴らしいイノッチの発言。
これがキッカケになって、地域猫についての議論が、より深まることが望まれています。

私の意見として、イノッチさんの対応は素晴らしいと思います。動物を殺さないでとは言いません。なぜなら、それを言ってしまうと私達人間が生きて行くために必要とする食肉にしている、牛さん、豚さん、鳥さん、お魚さん、馬さん、クジラさんなどが居るからです。彼等に日頃から感謝しないといけません。さてなぜ、猫や犬(食肉ではない)動物を殺すは反対かというと、反対の立場になって動物が人間を支配する世界を想像してみて下さい。怖いですよね?痛いですよね?苦しいですよね?それと同じだと私は思っています。また、子供が見ていたら、人や動物をいじめたり、痛めつけたり、痛みや、命の大切さが分からない子が多くなって、平気であやまちを犯すかもしれないからです。子供は大人の事をよく見ています。どうか動物に優しい人が増えますように。

出典元:instagram