いじめの責任は誰がとるべき!?武井壮の持論に賛同の声!!あなたはどう考えますか・・・??

6,676 views

タレントだけでなくスポーツ選手としても活躍されている多才な武井壮さんが
テレビ番組で語ったいじめに対する持論に対して多くの賛同の声が上がっています。

過去には多くの苦労もされている武井壮さんですが、実は教員免許を持っているのだそうです。
普段からツイッターなどでもいじめに関する意見を投稿したりすることもあり、そのたびに寄せられたコメントとの間で議論が交わされることも少なくないようです。

そんな武井さんが先日出演したテレビ番組で発言した、いじめの責任の所在について、また話題を呼んでいます。

2017年2月6日放送の「好きか嫌いか言う時間」に出演された武井さん。
番組内ではある塾講師が「いじめの責任の所在」について
「そもそも、いじめって教員が解決しなければならないものですか?
教師はそんな簡単な仕事ではない。多くの生徒を見ている教師は、現実的に考えるといじめに気づけない場合もある。
いじめの原因はほとんどの場合、家庭環境にあるのではないだろうか。」と発言すると
武井さんは次のように意見を述べました。
“先生とか学校教育というものに、過度に求めすぎだと思う。
いじめが起こっていたら先生は対処はするべき。
しかし、その責任を先生や学校に取らすというのは絶対に違うと思う。
それは個人と親が負わなければダメです。
子供のことも時間使って育てているのも親だし、人間性がわかっているのも親。“

さきほど塾講師の方が発言をした際には「それでもいじめの責任はやはり教師にある」という会場の雰囲気がありましたが、武井さんが塾講師の方の意見に同意し発言したことで、番組に出演していた学生たちや、その他にも多くの方が賛同しました。

責任の所在を追求することも必要なのかもしれませんが、武井さんのつぶやきのように、「強さはやさしさ」だという根本的なところを一人一人が意識していじめから守ってあげられる、そしていじめのない社会を目指したいですね。

出典元:twitter

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑