GACKTがマレーシアで価値観を改めさせられる出来事に遭遇!日本人なら誰でも抱きがちな無自覚な傲慢さとは・・・??

3,661 views

GACKTさんは5年ほど前から一年の半分以上をマレーシアのクアラルンプールで過ごしているそうです。そこでとあるシーンを目撃してハッとしたと、先日放送された『人生で大事なことは○○から学んだ』(テレビ朝日系列)で語っていました。

ハッとするシーンに出会ったのは、現地のトレーニング施設。
GACKTさんは懸垂用のマシーンの近くで腕立て伏せをしている男性を見つけました。そんなところで腕立て伏せをされては、懸垂マシーンが使えず迷惑です。GACKTさんも「正直、邪魔じゃないかな」と思ったそうです。そう思っていると案の定、懸垂マシーンを使いに男性がやってきました。
男性は「ちょっとごめん。この懸垂棒、使わせてもらっていいかな?」と腕立て伏せしている男性に訊ねたところ、腕立て伏せをしていた男性は「NO!」と言って場所を譲らなかったそうです。
そしてその後の光景を見たGACKTさんは驚愕しました。
一体どうしてGACKTさんは驚いたのでしょうか?

腕立て伏せをしている男性の「NO!」という断りに対して、やってきた男性はなんと「OK」と言ってあっさりと引き返していったのです。

日本人の多くの人がこのやりとりに疑問を抱くことでしょう。しかし、よく考えてみれば「OK」と言って去って行った男性の方が正しいのです。GACKTさんはこのやりとりをスタジオのお客さんや他のゲストやMCの人にこう説明しました。

『単純に、先にそのエリアを使っている男性にリスペクトがあるわけです。
「使ってもいいですか」という質問には、「YES」もあれば「NO」もなければいけないんですよ。
このやり取りを見ていた時に、僕らは「NO」の答えを全く用意していない。
これって、今の日本が世界に対して通用しない考えなんですよね。』

まさしくその通りですね。
以上の場面で「邪魔だからどっか行け」と思ったまま相手に言ってしまえば傲慢なやつだと思われてしまいます。だから疑問形にすることで、空くまで相手の同意を得てどっかに行ってもらうという体を、日本人の多くは選択します。自分のエゴで相手を動かしたというのが嫌だから、つい「〇〇してもらえませんか?」と相手に同意を得る疑問形で聞いてしまうのです。
共演していた所ジョージさんも「嫌な気分になっているのは自分のエゴだね」とGACKTさんに共感を示していました。

「〇〇してもらえませんか?」と聞いて、相手に断られて怒ってしまった経験はありませんか?
疑問形で聞くなら「NO!」の返答をされても受け入れなければなりません。
「NO!」と言われて納得できないなら、最初から傲慢と思われることを恐れずに自分の意見を相手に言うのが最善です。

出典元:instagram

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑