お笑いコンビ・髭男爵といえば「ルネッサーンス!!」の貴族ネタでお馴染みです。ですが、最近ではテレビで見かけることもめっきり減ってしまい「一発屋芸人」などと揶揄されることも多いようです。

そんな髭男爵の山田ルイ53世さんが、「ワイドナショー」6月18日放送分に出演して話題になっています。もともとエッジの効いたコメントで一部では有名だったという山田さん、番組でもその手腕を見事に発揮されました。

中でも、ネット上で見られる「匿名での誹謗中傷」を取り上げたニュースでの名言が、「心に刺さる」と大きな共感を呼んでいます。

山田ルイ53世さんが語った、匿名で誹謗中傷する人々に向けた言葉とは・・・??

外ばっかり見ている人は、自分の足元が見えていないんです。

「髭男爵の山田じゃねぇ。一発屋のくせにマスクとサングラスなんかしやがって」などと歩いているだけで誹謗中傷を受けることもあるという山田さん。

“「ぼくもやれ面白くないだの消えただのディスられますよ、でもこれだけは言いたいんですけど」”

そう前置きをして、ネット上で匿名性を利用して誹謗中傷をする人々にこう言葉を投げかけました。

“「その厳しい目、自分自身の人生に向ける勇気ある?」”

ネットに無責任な発言を繰り返す、他人に厳しい人たち。そんな人たちに「自分はどうなの?」と喉元に正論を突き付けた山田さん。胸にグサッときた方も多いのではないでしょうか。

ネット上でもたくさんの共感が寄せられています。
・ハッとしました。山田さんて鋭いことを言う人なんだ。
・素晴らしい名言です。いろいろなコメントも良かったし、テレビの仕事増えるかも。
・山田ルイすごい!めっちゃ面白い!大好きになりました。
・山田さんの厳しいご意見に南キャン山里さんの「鏡と現実は見ない」の名言を思い出した。

顔が見えないために中傷がはびこりやすいのがインターネットの世界です。誰も自分の足元を見ようとしていません、時には人の言うことに耳を傾けて、我が身を振り返ることをしてみてはどうでしょう。

出典元:cadot