美輪明宏さん「人間にはバイオリズムがある」→上手く生きていくための秘訣に考えさせられる。。。

2,763 views

NHKの『あさイチ』プレミアムトークに美輪明宏さんがゲストで出演しました。いろんな講演会や番組で数多くの名言を残して来た美輪明宏さんですが、この日「あさイチ」あてに視聴者からよせられた相談に素晴らしい回答をして、大きな反響を呼びました。質問の内容は「『人生うまくいかない』と思ったとき、どう切り換えればいいですか?」というものでした。

視聴者からは「『人生上手くいかないな』と思った時、どう切り換えればよいですか?悪いことしか思い浮かんでこなくなります」

これに対して美輪さんは
「この世は2つのもので構成されている。プラスとマイナス、陰と陽、光と影、吉と凶、全く違う2つのもので構成されている」
「それなのに一方だけを望んでしまう。闇がなければ光もない。人間はとても調子のよい時があるけど、最高にいいものを手に入れないほうが良い」
「功績で最高の賞を貰う。例えはハリウッドスターならアカデミー賞とか、アカデミー賞をいくつももらうと、ろくな死に方をしないと言われている」
「日本でもすごい賞を貰うと、病気やケガをしたり、ひどいときには亡くなったりする。身分不相応な大邸宅を建てた人にも、同じようなことが起こる」

美輪さんはこの世のバランスに関して説明します。そして、そのバランスを保っていくための方法を教えてくれます。

「だから昔の人は『負の先払い』といって、棟上げ式の際に、紅白餅を撒いたり、お酒を振舞ったり、五円玉を撒いたりして、負の先払いをした。すべてバランスなんです」
「どこの扉を叩いても開かない時は、外に向かおうとしてもドアが開かないから、どうすればいいのか、内へ向かえって指令なんです」
「内に向かうっていうのは、棚卸の時期、バーゲンの時期ではない」
「だから品物を揃えなさい。美・知識・教養・技術、そういう自分の財産を増やしておきなさい。そういう時期だよ」
「セールの時期が来れば、どうしたの?と思うくらいに、いろんなところに突破口が開けていくんです。苦しい時に貯めていたものを一気に出すと人生がうまく回り出す。回り出したら最高までいかずに2番手3番手で引けば無事でいられる」
「あっちがだめでもこっちがあるさ、こっちがだめならあっちがあるさ、必ず突破口はあるんです」

ネット上では美輪さんに回答に賞賛の声が寄せられています。
・深い
・ポジティブに考えられる、いい助言です。
・タメになりすぎ、美輪さんの話。
・じたばたするよりも、じっとしてエネルギーを溜めるって時も大事。

美輪さんからみなさんへの「金言」、人生が上手く回らなくなった時には、この言葉を思い返してみてください。

出典元:feely

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑