人と人とのコミュニケーションが、あまり得意ではないと思っている人は多いのではないでしょうか。
いわゆる「人見知り」ですね。
初めて会う人や、あまり知らない人の中に入ると、言葉数が少なくなってしまう…そんな人がたくさんいると思います。

しかし、それを一刀両断したGACKTさんの、ブログの投稿が心に響くと話題になっています。

実はGACKTさんも、かつてはかなりの人見知りだったそう。
仲の良い人たちと一緒にいればそれでいいと、過去には考えていたとか。

そんなGACKTさんが、どんな言葉をブログに書いたのでしょう。

GACKTさんは、「キツい言葉かもしれないが…」と前置きし、「『人見知り』という言葉を使っても許されるのはせいぜい20代前半までだろう。ガキだけに許された言葉だと思っておくほうがいい」と言います。

しかし、自分自身も人見知りだったことを踏まえ、このままでは何か仕事を始めたり、組織を作りまとめたりすることができないと考えたそうです。
一人だけでも成立する「受注スタイル」であれば、コミュニケーションを取らないという考えでもいいが、それだと生産性が伸びない、と語ります。

また不特定多数の人とコミュニケーションを取ることは、大人になることの必須条件。
そしてそれをしないことは、社会において、ある種の責任を放棄していることに繋がっていると言います。
そして、できないと言ってしまう人は、「峠を越す前にできないと諦めてしまっている」のだそう。

この持論に多くの称賛の声が上がりました。
・人見知りをできない理由にする人は多いけど、それが許されるのは若者だけ、その通りだなあ
・「人見知り」とか「コミュ障なんで(笑)」とか自虐で言うけど、それってズルいかも
・プライベートはともかく、仕事で「人見知り」はだめだな

全国の20〜60代の男女672名に「仕事でのコミュニケーション」について、しらべぇ編集部が調査したところ、およそ6割が「会話をするのも仕事」と回答したそうです。

20代は44.9%と過半数を割っています。
まだ「人と会話も仕事」だとは思えない年齢なのでしょうか。

「人見知り」な性格の人には、多種多様な人とのコミュニケーションは、難問かもしれません。
しかし、仕事となれば、そんなことを言ってはいられないのが現実です。
それを越えてこそ大人になると言えるのかもしれませんね。

出典元:sirabee