マツコ・デラックスが「オタク文化」について語った→「名言」すぎるとTwitterで話題に!!

3,237 views

7月4日放送の「マツコの知らない世界 2時間SP」(TBS系)で、マツコ・デラックスさんがオタク文化について自身の持論を語り、Twitterで「名言」の反響が寄せられ、盛り上がっています。

番組ではアニメソング評論家の冨田明宏さんを招き、マツコさんと冨田さんが知られざるアニメソングの世界についてトークを繰り広げました。冨田さんが紹介した「2017年上半期カラオケランキング(20代)」によると、ランキング20位中、12曲と半分以上がアニメソングで占められていることがわかりました。

このランキングに対してマツコさんは「日本のメディアを支えているのはオタク」「オタクの人たちがお金を使ってくれなかったら、メディアでお金が動きませんよ」と自身の感想を語りました。

マツコさんと冨田さんはアニメソングを軸にオタク文化を掘り下げていきます、その会話にTwitterでは名言の声が続出。

マツコさんはオタクが向かう先がビジネスの市場になっていると指摘します。これに冨田さんも同意、冨田さんはオタクの裾野が広がってきて、アニメやアニメソングに接することが特別なことではなく、普通のことになってきたと分析しました。

またマツコさんはオタクが抱える「危うさ」についても指摘しています。ひと昔前には陰ながらに育んでいたアニメソングの魅力が、メジャーになったことにより「特別だったものが、特別じゃなくなってしまった」「アニメソングはもはや、普通に歌謡曲ですよ」と、より一般化した文化になってしまったと結論づけました。

このようなマツコさんの発言はtwitter上ですぐに話題となりました。「マツコさんの名言です。ご確認ください」とのコメントといっしょに放送画面のキャプチャーを添付する投稿者や、過去の番組での発言を引用しながら「どうしてマツコは息を吐くように名言を生むのか」といった投稿が、幅広く拡散しています。

元編集者のマツコさん、時代を切り取って自身の言葉で発信していくのはお手の物です。
これからも、ピリッとしたコメントを期待しています。

出典元:livedoor

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑