タレントの武井壮さんが7月17日放送の「バラいろダンディ(TOKYO MX)」で独自の視点で日本人夫婦の関係を論破し、話題になっています。

武井さんは番組内で、日本人夫婦の関係性について語りました。武井さんは日本人夫婦のある点について指摘し、とても的を得ていました。それは「セックスレス」の実態。今やその割合は30代で40%も超える勢いなんだそうです。イギリスのBBCでは日本人の若者のセックスレスを特集までしたそうです。それほど異常事態な上に、少子化も懸念されている現在これは深刻ですよね。そんなセックスレス夫婦に武井さんはこう言及しました。

武井さんは日本人のセックスレスの原因を「褒めないから」と指摘。大学卒業後は、アメリカに4年間留学していた武井さん。その経験を元に、アメリカと日本の夫婦の違いについて、こう語りました。

 

日本の夫婦って、お互いの悪口をいいすぎだと思う。

それで、相手を褒めることもないから、段々それが(自分に)刷り込まれていく。




友達と話す時も悪口をいうから好きじゃないような感覚になって、セックスレスになったりするのが多いんじゃないかな。

向こうの人(アメリカ人)は嫁のことを褒めるからね。

日本人はそういうのがないと思う。

バラいろダンディ ーより引用

この意見には多くの人が納得しているようでした。

視聴者からもいろんなコメントが出されていました。

「日本人は「相手を褒めない」かぁ。確かにそうかもしれない。」
「もっと感謝の気持ちや、相手の魅力を伝える習慣を作ったほうがいいかもしれませんね。」
「海外でこんなことが特集されているということは、深刻な問題なんだろうね。」

昔から知人に対してパートナーを褒めることが少なく、控えめな日本人。自信を持ってパートナーを褒めることがよい関係を続ける秘訣なのかもしれませんね。

出典元:barairomxtv