白鵬が負けたことに「万歳」という日本人を一喝するデーモン閣下に多くの称賛の声が!!

5,012 views

2017年7月に行われた大相撲名古屋場所で、通算歴代最多の1050勝と39回目の優勝を飾った横綱の白鵬さん。

7月24日に放送されたNHKの『クローズアップ現代+』は、そんな大横綱の素顔について特集されました。

この番組では、横綱自身のインタビューを中心としてこれまでの歩みを振り返り、横綱としてはふさわしくないという「立ち合いの変化」や「ダメ押し」などを白鵬さんが語っていたのです。

スタジオでは相撲についての知識がたくさんあるデーモン閣下が白鵬さんについてどれだけ偉大な横綱なのかを解説し、様々な観点から白鵬の活躍を賞賛していたのです。

中でもデーモン閣下が注目したのは、2013年の11月に当時大関の稀勢の里が白鵬に勝ったときのもので稀勢の里は、当時から横綱になることを期待されていたのです。

そんな稀勢の里が勝利した直後に、観客席から「万歳」という声が聞こえたのです。
稀勢の里が勝利したことはうれしいですが、「万歳」という言うことは、「横綱に対する敬意を欠いているのではないか」と議論になっていたのです。

この問題についてデーモン閣下は、日本人は感謝しなければなれない。相撲界が困難である時に一生懸命、屋台骨を支えて頑張ってきた白鵬に対してあんな態度をとるのはおかしい。日本人はもう少し、視野を広げて白鵬のことを見なければならないと思う。と話していました。

また、2011年に発覚した大相撲八百長問題では、春場所が中止になり何人かの力士が引退することになったので相撲のことを良くないと思う人がたくさんいました。

混乱している中、相撲界を支えていたのは横綱の白鵬でした。「相撲界の顔」としてメディアなどの取材をたくさん受けていたのです。

彼の振る舞いを忘れて日本人横綱の勝利に『万歳』と言ったファンに対してこの行為がどのようなものなのかをデーモン閣下は説明していました。

イチロー選手がメジャーリーグで何かした時にブーイングをされたら悲しいですよね。

この説明に対して「その通りだ!」と絶賛されていました。
日本人だからという妙な愛国心はこの場にいらない、『万歳』と白鵬に対して敬意をかけている、デーモン閣下は本当によくわかっていると言われていました。

白鵬に何か問題があれば指摘してはいけないというわけではないですが、しかし、「日本人横綱だから」「外国人横綱だから」という理由で一方を批判したり、擁護するようなことはよくありません。

デーモン閣下の言っていたことは、今の日本人に求められていると思います。

出典元:nhk

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑