GACKT「無駄なこと」についての持論に多くの人が胸打たれる。。。

5,320 views

ミュージシャンであり、俳優であるGACKTさんは2017年8月2日にブログを更新しました。
なぜそのブログが今話題を呼んでいるのでしょうか?
「無駄なこと」について持論を展開しているブログだったのですが、どうして驚く人が続出しているのでしょうか?

8月3日、GACKTさんはニューヨークやロンドンなどドイツなどを旅行していました。
ロンドン滞在中の最後の朝に、予定より早く起きてしまったGACKTさん。
町の中をドライブすることにしたはずなのですが、窓の外を流れている街並みを見ていて、「本当に絵になる町だ」と感じたそうなのです。
そんな中で、GACKTさんはブログで「ヨーロッパ諸国は歴史ある街並みを守るために、様々な規制がある。」ということに触れて、その姿勢をこのように語りました。

歴史を感じるもの、歴史が存在するものに対して、ヨーロッパのそれぞれの国は必ず規制を入れている。

もちろん、工事は手間がかかるし非常に面倒臭い。金も余計にかかってしまう。

だが、それでもそうやって守らなければならないものがあるということだ。

歴史を守るということは便利なものを時に排除し無駄や非効率であり続けることだ。

ボクはそれでいいと信じる。

GACKT オフィシャルブログ ーより引用・抜粋

歴史を守るということは、時に便利なものを排除し、無駄や非効率を認めることだと語ったGACKTさん。

無駄があるからこそいい。
無駄を優雅に変える心に美しさが存在する。

という言葉をブログで書いていたのですが、その持論に対し、多くの人が感銘を受けたのです。
確かに効率を考えるのは決して悪いことではないです。
しかし、切り捨ててはいけない
一見無駄に見えるが大切なものがあるそうなのです。
GACKTさんの言葉はそんな大切なものを気づかせてくれますね!

出典元:gackt

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑