夏といえば、夏休みや海・山などのレジャーなど、楽しみがいっぱいですね。
でも、この時期になると、改めて思い出し考えること…「戦争・平和について」。

8月6日広島原爆の日、9日長崎原爆の日、15日は終戦記念日。
テレビなどのメディアでも、特集があり、目にする機会も増えますね。
私たちが平和に暮らしているこの時代だからこそ、このような機会に戦争と平和とは何かについて、改めて思うのも良いのではないでしょうか。

そして、タレントのタモリさんが言ったある言葉が、とても深く考えさせられます。
どんな言葉なのか…。

現在、私たちは空襲の恐怖もありませんし、飢餓になることもなく、平和な社会と言えるかもしれません。
しかし、他国では内戦状態にある国も多くありますし、日本を含め、武力抗争にはなっていなくても、緊迫した状態が続く国同士も。




タモリさんが言った言葉は「LOVEさえなければ、PEACE」。
戦争を突き詰めると、個人の「愛」から始まると言えます。
何かを守る、愛するという感情がもしなければ、争いは起きず、自然と「平和」の状態になるのではないでしょうか。
「愛」がなければ、守る対象もなく、もしも何か奪われたとしても感情が涌くことはないかもしれません。

個人を突き詰めたなら、それぞれが自分の愛するものを守るために、戦争をするのかもしれません。
しかし、愛するものを守るためなら、人の命を奪っていいわけではありません。
逆から見れば、奪われた側は、なんと言われてもそれは正当な理由にならないからです。

「LOVEさえなければ、PEACE」という言葉には、深い意味と重みがあります。
8月の原爆の日や終戦記念日、今一度、戦争と平和について考え、家族や友人と話し合ってみるのもいいかもしれませんね。

出典元:livedoor