俳優・佐藤二朗さんのツイートは、ちょっと笑える自虐ネタが大人気です。
奥さんからの冷たい仕打ちや、お子さんからの心無い言葉も、佐藤さんから語られると途端に人を笑わせるネタとなってしまいます。

8月29日にツイッターに投稿された内容も、多くの人を笑顔にしました。
でもそれは、普段の投稿とは大きく違ったもので、苦しみうつむいた人を救う言葉だったのです。

若者はいろいろと悩み、苦しんでいます。
「成績が伸びず、親のプレッシャーが苦痛」「クラスに馴染めない、学校が嫌だ」そして、こんな絶望の言葉がありました。
「今がこんなにつらいなら、おとなになったらどれだけつらいんだろう」
この言葉に反応した佐藤さんは「10代諸君」と呼びかけ、こんな言葉を贈ります。

大人になってからのほうが、1000倍愉しい!佐藤さんの言葉は多くの人に響きました。
投稿の言葉にはたくさんの感謝のコメントが寄せれれています。

佐藤さんの言葉には

・肩の荷が下りました。
・励まされました、明日から頑張ります!
・ありがとう、尊敬しています。

10代からだけではなく、大人の方からも共感の声が寄せられました。

・本当です。大人になってからが楽しい。
・大人も大変だけど、その分楽しいこともあります。
・この言葉、10代の頃に聞きたかった。

「いまがこんなに辛いなら、おとなになったら‥」そう考えていたのは佐藤さんも同じだったのです。

自分も苦しんだ時期があったから、若者を励ますことができるのでしょう。
苦しめば苦しんだだけ、強い自分が作られていくのではないでしょうか。
そして、強い自分にはかつて楽しめなかったことも、楽しいと感じる余裕が出てくるのではないでしょうか。
今を頑張りましょう。

出典元:twitter