現在放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」にも出演、実力派俳優として人気を集めている市原隼人さん。プライベートでは2歳の女の子の父親、娘のために可愛いキャラ朝食を作るなど、子煩悩なイクメンパパとしての一面も見せています。

市原さんは先日、夕食のために生きたサワガニを買って帰りました。それを見た娘さんは怖がりつつも次第に愛着が湧いてきたようで、カニが食べられなくなってしまったというエピソードを明かしました。

毎度、現場終わりに夕食の買い出しに行くと…珍しく海鮮コーナーに生きた“沢蟹”が‼ メインの他に添え物で素揚げにして食べよぅ。と思い買って帰り…それを娘が見た瞬間「怖い~‼」と言いながらも興味津々。 …時間が経つ度に…「カニさん笑ってる~!可愛いね!」っと可愛がり始めた。娘が「カニさんお腹すいてる~?」と言うから、調理途中のアサリをあげたら食べた(^.^) …この時から、このカニさんを何で買って来たか言わなきゃなあ、、っと思いつつ…娘を見ると言えなくなってしまいました(T-T) …でも、この機会に食物連鎖というものがあり、そのおかげで生活が成り立ち、何時も命を頂いてるからこそ食べ物を大切にしなきゃいけない事も教えなきゃな…(-_-;)っと思い、重い口から、さりげなく言ってみた。「よ~し、カニさん食べよう~」と!そしたら「カニさん食べないで!可哀想~!」と叫び泣き出しました( ̄▽ ̄;) 「うん。うん。そうなるよね。」っと思いつつ、優しく大事な話をしてると…“何だか俺も可哀想になってきてしまった” …結果。一晩飼って、多摩川にさよならに行きました。「カニさん、よしよし。バイバイ!」っと言う娘は何だかセンチメンタルな顔をしてましたとさっ♪ 思わず、命を思うピュアな大切さに胸を打たれてしました。優しい子になってくれたら嬉しいな。まだ、現実を見せるのは早いかな?f(^^; …もう少し夢を見させてあげよっ♪ 母の話を思い出した。母が幼い頃可愛がっていた“ピーちゃん”(にわとり)が、ある朝、食卓に出てきて泣いたらしい…。っと。 僕らが何時も食べてる物も命があって、それを頂いている以上、食べ物を大切に感謝の思いを忘れちゃいけませんね。 ※オマケ 「頂きます」「ご馳走さま」は日本だけの文化。 【頂きます】…は、あなたの命を頂いて私の命に代えさせて頂きます。という意味。 【ご馳走さま】…は「馳」も「走」も「走る」という意味を持ち、料理を食卓に並べる為に、食材を集めるために走る人やその食材を育てるために走る人がいます。多くの人が走り回って、私たちの前に並ぶ料理。そこに、敬意をもって「御」や「様」という字をつけて、感謝の気持ちを表す言葉です。 #カニさん #食べ物 #命

A post shared by 市原隼人 (@hayato_ichihara) on

食物連鎖に関して娘さんに説いているうちに、市原さん自身もカニを可哀想に思う気持ちが芽生えてしまったのだそうです。

そして、その後カニはどうなったかというと。

結果、市原さんは翌日娘さんと多摩川にカニを放しに行きました。
娘さんは「カニさん、よしよし、バイバイ!」ってカニをおくっていたそうです。
その様子を見ていた市原さんは思わず、命を思うピュアな大切さに胸を打たれたそうです。
市原さんは自身のインスタで「僕らが食べている物に命があって、それを頂いている以上、食べ物を大切に感謝の思いを忘れてはいけませんね」と語っています。

このエピソードに市原さんのファンから多くのコメントが寄せられました
「感動しました」
「市原さんらしくてホッコリしました」
「感動です。いい親子ですね」
「こんなお父さんがいたら素敵です」
などなど、大きな反響を呼びました。

娘さんの素直に「命」を大切にする気持ちに寄り添った育児は素晴らしいです。
こんな大らかな子育て法を参考にしたいと思う人も多いのではないでしょうか、こらからも俳優として、また父親としても娘さんと一緒に成長していく市原さんの姿を応援していきたいですね。

出典元:spotlight-media