2017年10月11日に放送されたテレビ朝日系番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』。
視聴者から寄せられた悩みや相談ごとに対し、有吉さんとマツコ・デラックスさんが独自の見解で意見をする番組です。
その中で発せられた有吉弘行さんの言葉が、多くの称賛を集めています。

この日の番組に寄せられたのは、
“40歳を超えても、まだ少年誌を買ってしまいます。皆さんいつ卒業したのでしょうか?”
という相談でした。

45歳だというその会社員は、昔ほどのワクワクはないけれど、つい習慣で『少年ジャンプ』や『少年マガジン』などを買って読んでしまうとのこと。
そして“卒業するタイミングがやってくるのか?60歳になっても買っていいのか?“と悩んでいるらしい…。

有吉さんも「え、漫画なんて読んでるの?」と言われることが多いらしいのですが、

“まだいるからね、マンガなんて読んでるの? って人。そんな奴がマンガ原作のドラマ見てボロボロ泣いてたりねぇ。お前ふざけんなよ!□“

と一刀両断。

マツコさんも有吉さんの言葉に同意し、




“漫画なんてもう当たり前。いまやオタク文化が日本の主流だし、そこがお金を動かしているわけだから。いまだにそういうこと言っている人はあれだね“と「マンガ=幼稚な読み物」と捉えることに苦言を呈していました。

そんな有吉さんの言葉に、ネット上では賛同の声が多数寄せられています。

“有吉さん、言ってくれてありがとう。これから、堂々と漫画を読みます!”
“自分がマンガを読まないからといって、それを無闇に否定するのは間違っている。“

など、マンガを見下す人に気分を悪くしている人は少なくないようで、
“よくぞ言ってくれた!私の気持ちを代弁してくれた!”
と感じる人が多かったのでしょう!!

今や、マンガやアニメは、日本が世界に誇れる文化のひとつです。
多くの企業もオタクの購買欲に注目していると言われています!

「マンガやアニメは子供のもの」と考えず、価値観を時代に合わせて柔軟に調整するようにしないと取り残されることになりかねないようですよ<(_ _)>

出典元:sirabee