31日放送『火曜サプライズ』で、現在ママタレントとして活躍中のギャル曽根(31)が、スピリチュアルカウンセラーの江原啓之(52)に悩みを相談した際に、江原さんがギャル曽根さんに贈ったアドバイスが素敵だと話題となっています。

2005年に大食い番組でデビューしたギャル曽根さん。それ以来幅広く活躍されていますが、そんな曽根さんが番組内で「レギュラー番組がない。常に将来への不安を抱えている」と江原さんに相談すると、曽根さんの心配をよそに江原さんは「レギュラー番組の可能性はある。きちんと努力して、子育てや主婦業もやっているから問題ない」との言葉をかけました。

が、付け加えて、人生を良い方向に変えるためには「夫婦の問題を解決することが大切」と断言した江原さん。
仕事が忙しい夫へ不満を抱えながらも「時が過ぎれば飲み込める。言わなくても大丈夫」と我慢してしまう曽根さんに江原さんは「夫婦間のコミュニケーションにスキマ風がある。男は言わないと分かりませんよ」とアドバイスしました。

「大切なのは言い方。甘えながら言うことが大切」という夫へ不満を伝える上での助言に対し曽根さんは照れながら「無理だ」とひとこと。

続けて江原さんは「別れるかもしれない、と考えて準備するのは止めるように」と言い、
それに対し曽根さんは「自分も働いていて、いつでも覚悟はしている。別れる覚悟があるなら浮気していいよ」と結婚前から夫に伝えていたことを明かしました。

そのことに対して江原さんは、「備えよ常に、の人だからね。仕事はライフライン。でもそちらを意識するより、夫に甘えて夫婦生活を円滑にした方がプラスにいく。同じ時を過ごすなら楽しく。甘えることを覚えよう」と助言しました。




番組を見た視聴者からは、

このように多くの賛同の声が・・・

出典元:sirabee