あの頃流行ったポケベル→ナウでヤングなJKの暗号「819」「296」「560840」の意味がわかりますか?

13,081 views

1990年代に若者中心に大流行したポケベル。

最近はもうほとんど聞くこともなくなったポケベルですが、

若い世代の方々にとってははどんなものか、どうやって使うものなのか、

知っている人も少なくなっているんではないでしょうか?

ポケベルの使い方は番号で言葉を伝える、固定電話などからポケベルに数字を送信するというものでした。

例えば「114」、この数字の意味はわかりますか?

このように数字でメッセージを伝えることは、当時の若者の中では当たり前のメッセージでした。

ポケベル

ポケットベル、または無線呼び出しのこと。小型の受信機で、ポケベルからの発信はできない

基本的には公衆電話などの固定電話からポケベルに数字(メッセージ)を送信。

受け取った人は、固定電話から相手のポケベルに数字を送信する、という形で使われていた

そして、当時の若者にとっては現代の若者のスマートフォンと同じくらいの必須アイテムでした。

そんなポケベルに関するお話を、次のページで詳しくご紹介いたします。

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑