必ず一度は利用したことがある公共交通機関といえばバス、鉄道、フェリー、飛行機、タクシーなどでしょうか。

市民の足として長く重宝されています。

利用者は多いですが、その乗り物のマナーやルールをしっかりと把握していますか?

市民の足として道路を走るバス。

利用者が多ければ多いほど、マナーやルールを反故にする人達も増えてしまいます。

Twitterユーザーの低血圧(@JA_8977)さんが京都のバスで体験した出来事をTwitterに投稿しました。

京都の市バスで起こった出来事。

走行中におばあさんが席を立ち歩き始めました。

それに気づいた運転手がおばあさんを注意。

走行中は何がおこるかわかりません。

やむを得ず急停車する場合もあり、そうなると怪我をするかもしれません。

運転手は危ないので席に着いてくださいと注意しました。

しかしおばあさんは知らんぷり。

しまいには「老人扱いするな!」と運転手に食って掛かります。

老人扱いされることを嫌うならばと運転手は、こんな風に冷静にド正論を突きつけました。

「んじゃその敬老パス返しいや」

結果、的を射た指摘に黙り込んだおばあさんは不服そうな顔のまま、停留所でバスを降りたそうです。

正論を突きつけた運転手とおばあさんのやり取りを見た低血圧(@JA_8977)さんがTwitterに投稿すると、

様々なコメントが寄せられました。

漫才のようなやり取りに投稿者さんも笑ってしまったよう。




それにしても、京都人は気が強いと噂で聞いたことはありますがあながち間違いとは言えないのですね。

運転手の強めな口調にドキリとしましたが、正論ですので反論できません。

高齢者や体の不自由な人の転倒事故は多いです。

しかし若い方も健康な方も走行中は歩かないよう気をつけなくてはいけません。

公共交通機関は様々な人が利用します。

マナーとルール守って安全に利用していただきたいですね。

出典元:twitter