またまた炎上で何かとお騒がせな蓮舫議員。

現在は、安倍総理の政治方針に猛烈に反対してテレビを賑わせていますが…
実は蓮舫議員、今の姿はなんなのか、過去にカジノを日本に導入しようとしていた張本人だったのが分かってしまったのです。

党首討論で、蓮舫議員は安倍総理を「嘘つき呼ばわり」しているのですが、蓮舫議員、そんな攻撃がことごとく投げた本人にブーメランの様に返ってきて当たっていますよ?

息を吐くように嘘をつき、それで平気な顔で過ごせる厚顔ぶりには、なかなか軽蔑を通り越してみていて面白くなってまできてしまいます。

安倍総理のカジノ法案猛烈に反対中の蓮舫議員。
しかし彼女、2011年に民主党がカジノ導入を成長戦略として考えていた頃、当時の行政改革担当大臣だったのです…
カジノ解禁に向けてつくられた資料に証拠としてはっきり残っている蓮舫議員の名前。
「蓮舫さん矛盾してません?」

要するに過去に自分自身もカジノをつくろうとしていたのに、安倍総理がやろうとするとたちまち反対派にまわったカメレオン具合の主張の弱さが丸バレしたのです。

記者はこの点について「蓮舫氏の方針が当時と変わったという理解でよろしいでしょうか?」と質問。

蓮舫氏は「カジノ解禁は当時たくさんあった規制改革案の一つ。私がカジノ解禁について議員立法に力を入れたことはない。政府として一つの選択としてあったという程度の認識です」と回答。




うーん嘘ですね。
この答えはあまりにも卑怯だという印象。

▼「2~3年後の実現を目指すもの」にカジノが挙げられている。治安が悪くなるリスクに配慮しながら、実施すると書かれています。

▼「早期の実現を目指すもの」に新しい観光アイテムとしてカジノが挙げられています。。

民主党政権下でつくられた「国土交通省成長戦略」の資料によると、観光戦略としてカジノを中心に総合リゾート開発を推し進めることが力説されており、しかも数年以内の実現を目指すと具体的なスケジュールまで明記されているじゃないですか…
本当に卑怯すぎて、笑いまで出ます。

 

党首討論において蓮舫議員は安倍総理を嘘つき呼ばわりしました。
もう見事な自虐ネタを披露して、盛大な笑いをとっているとしか思えません。

蓮舫氏が投げる攻撃がことごとくブーメランになって投げた本人に当たるものだから見ていて面白い。

民主党の大臣としてカジノをつくろうとしていて今では涼しい顔で反対派になり、アップした白々しい以下の投稿!!

戸籍謄本も公開できない日本人かどうかすら分からない怪しい人に
「世界に誇る美しい国」などと言われたくないしね。
息をするように嘘をつく。
蓮舫氏の嘘つきっぷりはまさに流行りの神ってますなんでしょうか?

出典元:twitter