大阪府立北野高等学校と言えば、ご存知の方もいるかも?

大阪市淀川区にあるこの超進学校の偏差値は76を誇っています。

そのすごさは、文部科学省には『理数系教育に重点をおく教育を実践・研究する研究開発校』、大阪府教育委員会からは『次代を リードする人材育成研究開発重点校』という指定を受けているほど。

なんだかムズカシイ指定をもらっている訳です。

余談ですが、記憶に焼き付く号泣会見をした、あの野々村竜太郎さんはこちらの高校出身だそうですよ。

先生と生徒がコミュニケーションを深めるためにも、学級日誌は多くの学校で取り入れているようです。

そして、北野高等学校でも学級日誌を取り入れているようですが、その内容がとてもユニークだと話題です。
偏差値76の優秀な生徒たちは、どんな学級日誌を書くのでしょう?

この画像ははらぺこうえむし氏(@Rain9_1)さんがTwitterに投稿したものです。

これ…アラビア語ですか??
アラビア語が書ける高校生って…(笑)

担任所見の欄には「何かいてるんだかわからん!!訳を付けろー‼」とコメント。

生徒と先生のやりとりもユニークです。

またある日は楔型文字が…。紀元前の文字ですかね?

読めません…(笑)
てゆうか、そもそも書けません(笑)

担任所見には「あ~わからん」と記入されています。




次のページもよく見ると…謎の文字が。

この日はハングル。
こちらも読めませんが、今回の担任所見では先生も象形文字返し!
こんなスタンプがあるんですね!

全然読めませんが、なんだか楽しそうなやりとりです。

「アンノーン文字」はポケモンに登場する文字。使いこなしていますね~。
担任所見はタイ語で書かれています。
担任の先生もすごいですね。

この日誌、何が書かれているか、アンノーン文字を解読してみました。

こちらがアンノーン文字のアルファベット対応表記表です。

この表から解読すると…

残りの生活楽しんでいこう
9組ほんといいクラス
最後の一秒までみんなで思い出作ろう
テストだるいけど
と書いてありました!
なんと韻まで踏んでます!

さすが、頭脳明晰な生徒たち!
ちゃんと文章が書かれています。

それに応える先生とのやりとりも楽しそうで、いいですね。

優秀な生徒たちと、彼らを育てる先生、将来が楽しみです!

出典元:twitter