国が変われば常識が変わることは当たり前のことですが、ふと外国を旅してみると、これでいいのかと思えることに出会うことがあります。日本の常識に捉われてはいけないと分かっていても、つい日本を基準に考えてしまうからです。
うすいさん(@usui_y)がドイツの映画館で見かけたトイレマークがとても独創的だと話題になっているようです。日本のマークを見慣れているとビックリする形をしています。
一体どんな形をしているのか気になりますよね。そんなドイツのトイレマークがどんな形をしているのか、ご紹介していきたいと思います。

これが私たちがいつも目にしているトイレマークですが、とてもシンプルで分かりやすいものです。
男性の体の形も、女性の体の形も、分かりやすく表現されていますよね。

もちろん、国が変わればこのマークも変わってしまいます。
ドイツのマークは、どんな形なのでしょうか。

これは確かに独創的なトイレマークですよね。しかも、よく見るとその性別の特徴が、しっかりと表してあるのです。
こんなにしっかり表現してて、大丈夫なのでしょうか。

そして、この象形文字を思わせる形が、何だか憎めないんですよね。

このデザインを見た人たちは、いろいろと思うところがあったようです。

この左右の並びは、なんだかいろいろ想像してしまう
痴女を追いかける痴漢みたい
そうとう我慢してたんだろうなぁ
アレがアレすぎる

この感想を寄せた人たちが言っていることにもつい納得をしてしまいますよね。
これが違和感なく使われているのだから、ドイツでは浸透しているデザインなんでしょう。

うすいさんは、普段私たちが触れることのないドイツ人の生活について、マンガで紹介してくれています。
日本人にはあまりなじみがないような生活ですが、ドイツではこれが常識なんでしょうね。

出典元:twitter