TwitterユーザーのKWD(@kwd24195)さんが受け取った年賀状がこちらになります。その年賀状には、2017年という年が「どれほど奇跡的な年であるのか」を数式的に物語っています。

見事に数字が美しく並んでいます

既に皆様はご存じであるとは思います。今年は西暦になおすと、2017年となり、元号で表すと平成29年となります。ここでは、まずそれぞれの数字を足してみたいと思います。

2017+29=2046

そして、この2046という数字は、次のような数式で表現することが出来るのです。

綺麗な数式だと思いませんか。

このような美しい数式で表現することができる年は、滅多にありません。

次にこのような綺麗な形の数字で表現できる年は、2000年以上先らしいです。そう言われると、すごいことであることが実感できるのではないでしょうか。ただ、この理由だけであることから2017年が奇跡的な理由ではありません。「2017」という数字、これは単体で見ても数学ということから奇跡のような数字であることが判明したのです!

「3つの素数の3乗の合計」ってどういうこと?

生きている間に巡り合えるすごさ!

年賀状の数字はさらに続きます。。。。

素数

1より大きい自然数のことで、正の約数が1と自分自身のみであるもののこと。ただし、1は素数に含めない。

ざっくり言ってしまうと、1と自分自身でしか、ちょうど割り切れない数字なのです。

2017という数字は、3つの素数の3乗の和(合計)で、このような数式で表現することが可能なのです。




7³+7³+11³=2017

3つの素数の3乗の和となる数の中で、2017は30番目に位置します。

29番目は1799、31番目は2213であることから…

結果、400年に一度という奇跡になってしまうのです!!!

まさに生きている時に巡り合えただけでラッキーなのです。そして2017という数字はかなり珍しいことになるのです。

このツイートには、数字好きのみではなく、それとは関係ない人からもさまざまなコメントが寄せられています。実際にはよく分からないのですが、めちゃくちゃ縁起が良いってことだけは言えますね♡

私は、このツイートを色々見ていく内に実感しました!2017年は良い年になるんだと♡

試しに計算してみれば合っていることは確かにわかりますが、2017という数字から、この数式を導き出す発想がスゴい!てか、すごくないですか。

数学が苦手で、よく理解できていなくても、「滅多にはない」「あまり巡り合えない」ということは多くの人に伝わっているようです。

新年早々、気分が上々ですね。年賀状からの朗報でした♡

ステキっ過ぎる情報でした!

出典元:twitter