食べ物屋さんには、大抵わかりやすい場所にトイレがありますよね。
初めて行ったお店では、たまにトイレがどこにあるのかわかりにくくて、店員さんに「お手洗いはどこにありますか?」なんて聞いたりもしますが、それは例外的な場合でしょう。

しかし、今回ご紹介する千葉県柏市の中華料理屋さん「珍来 日立台店」のトイレは、一筋縄ではいかない場所にあると評判なのです……!

料理の味も、深みがあり美味しいと好評なのですが、トイレが評判だとはいったい……?
実に気になります。

店員さんに「トイレはどこですか?」と聞くと、指差されたのはなんと、「本棚」。

おもちゃやぬいぐるみなどが置かれている、ごく普通の本棚に見えます。
どこにトイレがあるの? と思いきや。




「押 PUSH」というボタンが……。
いかにも怪しいですが、押してみるよりほかにないですね。

そうすると。

本棚が真横にスライドし、そこからトイレが現れました!
まさに「隠し扉」ならぬ「隠し本棚」です!

トイレ一つにここまでの仕掛けが施してあるとは、びっくりですね。
地元の方も多くが利用しているというこのお店。
「騒ぎや話題にはならないのですか?」という問いに、店員さんは「意外と普通に入って行きます」と回答したといいます。

もちろん、中は普通のトイレなのですが、それにしても驚きです。
なんか秘密基地への入り口みたいで、ちょっとわくわくしませんか。

こんな遊び心のあるお店というのは素敵ですね。

出典元:youtube